白石社長デビュー戦は休憩時間に

2013年08月13日 16時00分

 全日本プロレス・白石伸生社長(40)の“デビュー戦”が、大田区大会(25日、大田区総合体育館)の休憩時間中にエキシビションマッチとして行われる。白石社長による過去の過激な言動に対する制裁措置として、アドバイザーの蝶野正洋(49)が「蝶野、ドーリング組対KENSO、白石社長組」を要求。

 

 しかし、名誉レフェリーの和田京平氏(58)らが素人の白石社長が実戦形式で戦うことに反発し、最終的に折衷案が採用された。