仙女・里村明衣子が引退する花月の要求を受諾 ラストマッチで激突へ!

2020年01月23日 20時58分

にらみ合う花月(左)と里村(2018年11月16日、後楽園ホール大会)

 私が葬る。女子プロレス界の横綱ことセンダイガールズの里村明衣子(40)が23日、引退するかつての愛弟子・花月(27)のラブコールを受諾。「花月引退興行」(2月24日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)でのシングル激突が確実となった。

 花月は里村の英才教育を受けて2008年8月に仙女でデビューするも、14年12月の一騎打ちを最後に退団。フリーを経て17年11月にスターダムに入団。「大江戸隊」を率いて大暴れしたが、昨年12月に突然引退を発表して師匠・里村とのラストマッチを熱望していた。

 いわば「仙女史上最大の裏切り者」だけに里村は花月の発言に対して沈黙を貫いていたが、本紙の取材に対しこの日、引退試合出陣へついに「ゴーサイン」を出した。

「相変わらず甘ちゃんだな。結局、最後まで全部中途半端だった。どの面下げて、私の名前を出せるんだ? いいよ。やってやる。まだまだ現役を続ける私が、お前を潰して引導を渡してあげます」と、里村は静かに、しかし鬼のような形相で対戦を受諾した。

 花月はスターダムでのラストマッチとなる26日大阪大会で、東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」女子プロレス大賞に輝いた岩谷麻優(26)と組み渡辺桃、ジャングル叫女組と対戦するが、早ければ同大会で正式発表される見込みだ。

「本来なら黙殺すべきかもしれません。でも私は私なりのやり方で、花月というレスラーを育てた責任を取りたいと思います」と里村は厳しい表情で続けた。花月は18年11月16日仙女後楽園大会では葉月とのコンビで約4年ぶりに参戦を果たすも、現ワールド王者・橋本千紘(27)と同タッグ王者のDASH・チサコ(31)組と大乱戦の末に両者リングアウト。試合中、里村を挑発してあわや番外戦の不穏なムードとなるも「再会マッチ」は実現に至らなかった。

 さらには不肖の弟子に対し「その代わりにお前が出て行った後、仙女でトップを張った選手の実力をシングルで体感してみろ。その試合で私に響くものがなければ、悪いけど考え直させてもらうかもしれない」とかなり高いハードルを設定。ワールド王者の怪物・橋本との一騎打ちを逆要求した。カード未決定の大会を考慮すると、2月16日新木場大会での実現が濃厚。もっとも気が強い花月だけに「そんなに面倒くさいことばっか言うなら、止~めた!」と投げ捨てる可能性も大だが…。

 とにかく運命のサイコロは投げられた。「仙女の道場で鍛えられた魂が、今のお前に少しでも残っているのか。この体を張って確認してやる」と言い切った里村。女子プロ史上でも前例のない「師弟遺恨決着ラストマッチ」が実現する。