奈苗が海外防衛戦プラン

2012年06月14日 12時00分

 スターダム10日の東京・新木場1stRING大会で、ワールド・オブ・スターダム王者・高橋奈苗(33)が、海外マットでの防衛戦開催をブチ上げた。

 

 高橋は8月5日の後楽園ホール大会で同王座のV4戦を予定している。幅広く挑戦者を公募していたが、現状では不良娘・世Ⅳ虎しか名乗りを上げていない状況だ。

 

 浮かない表情の高橋は「まだ実力が足りないでしょう。あのコは貫禄がついてエラそうにしてるけど、全く負ける気がしないし。もっとさあ、若さと勢いを感じさせるものを見せてくれないとって感じ」と一蹴し、興味がなさそうに鼻くそをほじり始めた。

 

 だが、このまま呼びかけているだけでは時間の無駄だ。そこで高橋は「7月に時間ができそうなんで、久々に海外に行ってこようかな。いい相手がいたら、向こうで防衛戦をやるのも手ね」と明かし、米国、欧州、オーストラリアのいずれかに遠征に向かうという。海外での試合は2007年5月の米国遠征以来、約5年ぶりとなる。この日はラリアートで岩谷麻優に圧勝。「海外でも通じるんで、挑戦したい人は電話して。ではこれで、ファイヤー!」と言い残すと、早くも荷造りに取り掛かった。