【2019年度プロレス大賞】オカダがMVP&ベストバウトの2冠!

2019年12月11日 06時00分

MVPとベストバウトの2冠に輝いたオカダ

 今年で46回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2019年度プロレス大賞」選考委員会が10日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社で行われ、最優秀選手賞は新日本プロレスのオカダ・カズチカ(32)が4年ぶり4度目の受賞を果たした。また年間最高試合(ベストバウト)は新日本プロレスの10月14日の東京・両国国技館大会で行われたIWGPヘビー級選手権、オカダVSSANADA(31)が選出された。授賞式は来年1月16日に都内のホテルで行われる。

MVP&ベストバウト2冠!オカダ「結婚」と「一流」覚悟の一年
諏訪魔&石川が史上初3年連続ベストタッグ 来年のテーマは「スキャンダラス&越境」
3冠王者・宮原健斗 2度目の殊勲賞に「満足とは表現したくない」
GHC王者・清宮海斗が敢闘賞「感無量です」
飯伏幸太 10年ぶり技能賞に「何が評価されたのか分かりませんが…」
新人賞はストロングマシーン・J「ドラゲーをもっと外に発信する」
女子プロレス大賞の岩谷麻優「女子プロ界のアイコンになります!」
レスリング特別表彰は文田、太田、川井梨