【アクトレスガールズ】エース・安納サオリが12・30退団

2019年11月28日 16時30分

安納サオリ

 女子プロレス「アクトレスガールズ」に所属する“絶対不屈彼女”こと安納サオリ(28)が、年内で退団することが分かった。

 本紙の取材に「12月30日の新木場1stRING大会(都内)を最後にアクトレスガールズを退団します。来年、2020年からはフリーとして活動させていただきます」と明かしたもの。「デビューからいるアクトレスは確かに居心地がいい。でも、自分の中で甘えが生まれていた部分もある。ここで安納サオリが進化するには、一人になって挑戦する必要があると思いました」と決断に至った理由を語った。

 滋賀・大津市出身で、タレントを志して18歳で上京。同団体の旗揚げ戦となった15年9月6日の新木場大会でプロレスデビューした。団体内ではエースとして君臨し、昨年11月にはAWGシングル王座の初代王者に。OZアカデミーやアイスリボンなど他団体からも引っ張りだこの人気選手に成長した。だが上京して10年がたち、来年でプロレスデビュー5周年の節目を迎えることが背中を押したという。

 退団後のリングについては「何も決めていません。今は12月30日まで、少しでもアクトレスガールズを盛り上げることしか考えていません」とし、他団体からの引き抜きや移籍については「そういうことはありません」と強調。来年のスケジュールは白紙で「楽しみな部分もですけど、不安もあります。見切り発車だから…」とこぼす一幕もあった。それでも「国内だけではなく、海外の団体からもお話をいただければ出たいです。リングがあればどこへでも行きます。『未知の旅へ飛び出そう』を合言葉に頑張ります」と前を向き、新たな船出に胸を膨らませた。