12・3女子プロ頂上対決実現 ディアナ・Sareee VSスターダム・岩谷麻優

2019年11月12日 14時00分

ポスターを手に自主興行をアピールするSareee

 女子プロレス界の頂上決戦が実現する。「ディアナ」のエースSareee(23)が、「スターダム」のワールド王者・岩谷麻優(26)との対戦を決意した。12月3日の自主興行(東京・新宿フェイス)について「メインのカードを考えていたら(スターダムのエグゼクティブプロデューサー)ロッシー小川さんの顔が浮かびました。Sareee対スターダムは、やっておかないといけないなって。特に岩谷選手は私と同じ女子プロ界のトップを走ろうとする選手ですし、気になる存在でした」と語った。

 スターダムが基本的に他団体と交流しない“鎖国”を貫いていることから、これまで接点はなかった。来年の米WWE挑戦が浮上するSareeeにとって、最後に日本でやり残したことが業界盟主との対決。また、今年度の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」女子プロレス大賞獲得を目標に掲げ、これまで昨年度の受賞者、アイスリボン藤本つかさ(36)との対戦を実現させた。残る標的は、同じく今年度の同賞を目指す岩谷しかいなかった。

 スターダム側も受諾し、Sareee、朱里(30)組VS岩谷、彩羽匠(26)組が決定。SareeeはWWWD世界シングル王座を保持しており、岩谷とは王者対決になる。「私が中心になって新しい時代の流れをつくり、日本の女子プロレスを世界に届けます」。賞取りレースの行方を占う一戦になりそうだ。