アイドルに主役の座を奪われた真琴

2013年06月28日 12時11分

ボリショイ666(右上)に一方的に攻め込まれる真琴(左はアリス十番のメンバー)

 27日のWNC東京・新宿フェイス大会で同団体の人見知り系アイドル・真琴がコマンド・ボリショイ打倒のため、レザー・フェイスの魂を宿した「レディー・フェイス(以下LF)」に変身した。

 LFこと真琴は秋葉原で知り合った、アイドルユニット「アリス十番」に応援を要請。本家レザー・フェイスと同じく醜くただれた皮膚を模した仮面、さらにジェイソンの仮面もかぶりつつLFに変身した。ただし、アリス十番がリング上で歌い踊る最中、こっそりと目立たぬようにリングインするなど、顔は隠しても人見知りは直らない…。

 一方のボリショイは同じく不気味キャラの「ボリショイ666」に変身。人形を片手に「オペラ座の怪人」の音楽で不気味に入場。おどろおどろしさで圧倒したボリショイはLFからチェーンソーを取り上げ試合をリード。アリス十番が持ち込んだ巨大包丁を取り上げると、花柳幻舟もビックリな包丁さばきでLFを追いかけ回す。最後は手にした人形をLFへと投げつけ、ビビッた瞬間をラ・マヒストラルで丸め込み3カウントを奪った。

 怪奇派に変身も、アッサリと負けてしまったLFこと真琴は“茫然自失”。真琴を慰めるため、リング上ではアリス十番が「負けないで☆」を熱唱。場内は大いに盛り上がったが真琴はすっかり主役の座を奪われる格好となってしまった…。