【リアルジャパン】“悪魔仮面”カシンが平井代表に「国歌斉唱」要求

2019年09月12日 18時34分

ケンドー・カシン

 お前が歌え。12日に東京・千代田区の帝国ホテルで会見を行った初代タイガーマスク(61=佐山聡)率いるリアルジャパンプロレス(RJ)平井丈雅代表(54)に対し、現在WWEでコーチを務める“悪魔仮面”ケンドー・カシン(51)が痛烈極まりないメッセージを送った。

 この日は19日後楽園ホール大会のレジェンド選手権で激突する王者スーパー・タイガーと挑戦者の“野獣”こと藤田和之(48)が決戦への決意を語った。会見が無事終了…と思われた瞬間、カシンの高校の後輩で代理人を名乗るボンバー・サイトー(年齢不明)なる人物が悪魔仮面のメッセージを代読した。

 カシンから贈呈されたとおぼしき8月「サマースラム」のベースボールキャップを深々とかぶったサイトー氏は「ハロー、ハロー。昨夜、USAからミーにメールが届きました。盟友である藤田君の気持ちを代弁したいとのことでした」と説明した。

◇メッセージは次の通り

 平井代表、大変ごぶさたしております。新たな傷を右のほおに負ったとの情報が海を渡ってきました。相変わらずの暴れん坊将軍ぶりを伝え聞き、米国の茅ヶ崎で涙を抑えることができません。佐山先生によれば四角関係の末(中略)。遅くなりましたが前回お会いした際は、スパークリングワインをいただき本当にありがとうございました。

 さて今回の会見を行うに当たり、またまた提案がございます。それは大会当日、厳粛なるタイトルマッチ開催前に国歌斉唱を行うことです。もちろん歌うのは平井代表をおいて適任者はおりません。これは私だけでなく藤田君の希望でもあります。

 私が現在、コーチを務めますN〇Tでも、ライブイベントの前には、必ず国歌斉唱が行われております。国際派のリアルジャパンプロレスでも導入していただければ思い、ご提案する次第でございます。 

 W○Eパフォーマンスセンター アシスタント・コーチ ケンドー・カシン

 追伸 もし可能ならばこの会見終了後に「壊れかけのレディオ」「輝きながら」「光星学院八戸高校校歌」のいずれかを歌っていただれば幸いです。その時を夢見て。Good―Bye」(原文ママ)

 言いたい放題のメールを読み上げると、サイトー氏は「ザッツオールです。それではミーも函館経由で八戸に戻ります。フロリダもつらいのよ…」と少し東北なまりの残る口調で話しつつ、日比谷の雑踏に消えた。

 その間、半分瞳孔が開いたまま全身を硬直させ、顔面蒼白でメッセージを聞いていた平井代表はようやく我に帰ると「ま、待ってください。今のメッセージは…」と猛スピードでサイトー氏の背中を探してホテル中を捜索したが、昨年2月に感動の結婚披露宴を挙げた大宴会場の前で気を取られると豪華なじゅうたんの上で転倒。「あっ」と声を上げたきり、そのままホテルの鮮やかな天井を見上げ、数分間大の字となった。