【ドラディション】10・25ヒロ斉藤デビュー40周年記念試合 レフェリーは蝶野

2019年09月09日 19時11分

左からLEONA、蝶野正洋、ヒロ斉藤

“炎の飛龍”藤波辰爾(65)率いるドラディションは9日、都内で会見を行い、10月の2大会の全対戦カードを発表した。

 会見には台風の影響で欠席した藤波に代わり“飛龍2世”LEONA(26)、蝶野正洋(55)、ヒロ斉藤(58)が出席。すでに発表されている10月25日の東京・後楽園ホール大会で行われる「ヒロ斉藤デビュー40周年記念試合」、斉藤、武藤敬司(56)、天山広吉(48)、組VS藤波、越中詩郎(61)、獣神サンダー・ライガー組のレフェリーを蝶野が務めることが新たに決まった。

 当初はセコンドとして来場する予定だったが「狼群団、nWo、TEAM2000と、ヒロさんにサポートしていただいて一つの時代を築けたという感謝の気持ちがある。対戦相手はもちろん、仲間の武藤、天山も信用できない。ヒロさんを守るという形で」と説明した。 

 レフェリーとしては「公平にやる」というが「ブレークで分けなくてはいけないときに、ビンタぐらいは出るかもしれない。最近、得意技がビンタぐらいしかない」と笑わせた。ヒロは蝶野のレフェリーに「びっくりしてます。ありがたいです」と喜んだ。

 なお、左足距骨骨折で昨年7月から休養していたLEONAは、同日に新井健一郎(47)と対戦することが決まり「存在感、強さをここから作り上げていかなければならない。一試合一試合、全力で取り組んでインパクトを残せるようにしたい」と意気込んだ。