平柳がGHCベルトを持ち逃げ

2013年05月31日 16時00分

SUWA(左)が返上したベルトを持ち去る平柳

 誰が返すか! ノアの悪童・平柳玄藩(33)が30日、GHCジュニアタッグベルトを持ち逃げした。

 

 平柳はSUWA(37)と同王座を保持していたがこの日、小橋建太引退試合(11日、日本武道館)で頸椎を損傷して欠場しているSUWAが「復帰のメドがなかなか決められない。中途半端に持ち続けても迷惑」と王座を返上。ノアも承諾して7月14日に開幕する「ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」の優勝者を新王者とすることを発表した。

 

 だが、相棒から何も聞かされていなかった平柳は「何でだよ…」と絶句。今年3月、デビュー10年目にして初めてつかんだベルトだけにそう簡単に手放せるはずがない。平柳は「やだよ、バカ」と目に涙をため、2本のベルトをつかむとそのままダッシュで事務所をあとにした。

 

 SUWAは「俺が勝手に決めたことだけど、意地で持っててもしょうがない。リーグ戦は俺の代わりにマイバッハSUWAJrと組んで、優勝すればいいじゃないか」と仕切り直しを命じたが、傷心の悪童にこの言葉が届くのか。