新日「スーパージュニア」田口やっと初白星

2013年05月31日 16時00分

 新日本プロレス30日の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」後楽園大会で、田口隆祐(34)が待望の初勝利で逆襲のノロシを上げた。

 

 開幕から悪夢の3連敗で早くも崖っ縁に追い込まれた前年度覇者は、同じくまさかの連敗発進の実力者ケニー・オメガ(DDT)と対戦した。

 

 意地を見せたのは10分過ぎだ。どどんを前方回転エビ固めで切り返されそうになった田口だったが、強化してきた背筋でこれを耐え抜く。動きが止まったケニーを、そのままマットに頭から突き刺す荒業を敢行。最後はどどんを炸裂させ、3カウントを奪った。ようやく初日が出た田口は「すごく薄い氷の上だけど、向こう岸まで落ちずに渡りきれる気がしてきた」。優勝候補の一角・ケニーを沈めたことも踏まえ、大きな1勝となった。