【リアルジャパン】キッドさん追悼興行 初代虎や“炎上”杉田議員らがセレモニーに登場

2019年03月15日 23時45分

追悼セレモニーに登場した(左)から杉田議員、初代タイガー、新間氏

 リアルジャパン15日の後楽園大会が、昨年12月5日に亡くなった“爆弾小僧”ダイナマイト・キッドさん(享年60)の追悼興行「ストロングスタイルプロレス」を行った。

 休憩明けにセレモニーが行われ、初代タイガーマスク(61=佐山聡)が“過激な仕掛け人”こと新間寿氏(83)とともにリングに登場。「今日は僕の同志がたくさん来てくれてとてもうれしいです。皆さんでダイナマイトのことをしのんでください。ダイナマイトも見に来てくれていると思います」と天を仰いだ。

 また、昨年にLGBT(性的マイノリティー)を「生産性がない」と表現し批判を浴びた自民党の杉田水脈衆院議員(51)もセレモニーに参加。初代虎のファンで新間氏と親交があるとして「私もお2人から学ぶことが大変多くございまして、いろんなことを、日本のことについて話をさせていただいております。これからもプロレスを通じて、ぜひ日本の心をつないでいっていただければと思います」とあいさつし、追悼の10カウントゴングがささげられた。

 なおメインの6人タッグ戦には父がキッドさんの従兄弟でもあるデイビーボーイ・スミスJr.が出場。KENSOをパイルドライバーでダウンさせてからキッドさんをほうふつとさせるダイビングヘッドバットで沈め勝利した。試合後は昨年5月にキッドさんと病院で会った際「最後に日本に行きたい」と話していたことを告白。「今日はここに、キッドさんのスピリットがあった」と、しんみり話した。