田中稔 6・18デビュー25周年大会で「南野陽子ファンクラブ」仲間の望月成晃とタッグ

2019年02月27日 20時03分

田中稔

 ジュニアヘビー級のベテラン・田中稔(46)が27日、都内で会見し、6月18日に東京・新木場1stRINGで自身の「デビュー25周年記念大会」を開催すると発表した。

 自ら大会プロデューサーを務め、メインでドラゴンゲートの望月成晃(49)と組んでTAKAみちのく(45)、Hi69(37)組と対戦する。1994年1月24日に藤原組でデビューした田中に対し、望月はわずか3日前の同年1月21日に北尾道場でデビューした。

「そこから4年たって、いいライバル関係を築かせていただいた。同じ南野陽子ファンクラブに入っていたことも発覚して、気が合うようになった。出会いが僕の今のジュニアのスタイルに目覚めるキッカケというか、スタイルの基本をつくってくれた」とタッグ再結成を心待ちにした。

 また妻で元女子プロレスラーの府川唯未が特別リングアナとしてコールし、府川がプロデュースする女子プロレスの試合が1試合組まれる予定。稔は「新木場でやってから、秋には後楽園でやりたいというのがある。30周年はあるかどうかも分からないので、25周年でバッとやりたい」と語り、メモリアル大会の成功に自信をのぞかせた。