【超花火】ブードゥー・マーダーズの内部抗争が決着 TARU派が勝利

2019年02月18日 16時30分

田中(右)をフォークで襲うTARU

 昨年8月に分裂した極悪軍団「ブードゥー・マーダーズ(VM)」の内部抗争が決着した。

 16日の川崎大会でTARU派(TARU、クリス・ヴァイス、将軍岡本、横山佳和)と田中将斗派(田中、菅原拓也、火野裕士、朱崇花)は、4対4の金網&電流爆破バットデスマッチで激突。金網から全員が先にエスケープしたチームが勝利となり、勝者チームが今後「VM」を名乗れる特別ルールで行われた。

 TARUは田中の金網上からのスーパーフライを浴びるなど大苦戦を強いられた。だが最後は田中と菅原が脱出しようとしたゲートが爆破され、その間にTARUが脱出に成功。「アイツらもニセVMを名乗らなくて済んでホッとしとるんちゃうか。このVMもちゃんと商標登録しとかんといかんな」とうそぶいた。