NOSAWA論外「タクシーの窃盗」の一部始終

2011年02月23日 14時00分

 タクシーの窃盗容疑で20日に逮捕されたプロレスラー・NOSAWA論外(34=本名・野沢一茂)が21日、仙台中央署から送検された後に〝スピード釈放〟された。本紙は帰京した直後のNOSAWAをJR上野駅で独占直撃。NOSAWAは前代未聞の逮捕劇を全面謝罪し、その胸中を明かした。

 ——大騒動になっている

 NOSAWA(以下N):お騒がせして本当に申し訳ありません。ハイボールを10杯ぐらい飲みました。3か月ぐらい禁酒していましたけど、油断がありました。

 ——タクシーの運転手と口論になった

 N:携帯電話のバッテリーそのものをなくしてしまって、ホテルに帰ろうと思ってタクシーに乗りました。(似た名前のホテルを)回っているうちに、途中で大きな声を出しました。「ここじゃねえだろ」と。記憶はちゃんとありました。

 ——なぜ無免許で車の運転を

 N:(運転手が)外で(警察と)電話している時にクラクションが聞こえたんです。自分が乗っている車が邪魔なのかと思って、端(路肩)に寄せようとして動かしました。免許を持っていないので動き出したら、今度は止まり方が分からなくなってしまって…。そのまま50メートルぐらい進んでしまいました。でも、何を言っても言い訳にしかなりませんから。逮捕されたことも、酒を飲んで無免許で車を動かしてしまったことも事実です。起こしてしまったことは、真摯に受け止めています。

 ——タクシーを盗む気持ちはなかったと

 N:プロレスの試合で(仙台に)来て、盗もうとは思いません。盗む必要も逃げる必要もないと思ったので、(警察に取り押さえられても)抵抗も何もしませんでした。

 ——緊急欠場となった新日本プロレスは無期限出場停止処分を出した

 N:いろいろな方を事件に巻き込んでしまいました。申し訳ない気持ちしかありません。

 ——今後もプロレスを続けるのか

 N:今はもうプロレスをやろうという気持ちにはなれません。事件に大きいも小さいもないと思いますし、廃業というか、このままプロレスに携わっていていいのかという気持ちです。無期限で自粛ということになります。

 ——東京愚連隊が主催する4・1新宿大会はどうするのか

 N:東京愚連隊も無期限で活動休止になります。メンバーのみんなにはこれから説明して、謝ろうと思っています。

 ——プロレス業界全体のイメージ低下につながった

 N:自分のことでプロレス関係者の方や、ファンの皆さまに多大なご迷惑をおかけしてしまいました。改めておわびする場を設けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

<運転手に逆ギレ>NOSAWAは20日午前2時頃、JR仙台駅周辺から1人でタクシーに乗車。しかし、酒に酔っていたため、宿泊先のホテル名や場所を正確に覚えていなかった。当然のことながらなかなか目的地に到着しない。

 これに腹を立てたNOSAWAは、運転手に逆ギレ。口論となったため運転手が車外で110番通報したスキに、運転席に乗り込み車を発進させた。しかし、NOSAWAは無免許。数十メートル進んだ仙台市青葉区の路上で駆けつけた警察官に取り押さえられた。同署の取り調べには「運転はしたが、盗んではいない」と供述していた。