村上和成が“恩師”初代タイガーにV誓う

2013年03月20日 16時00分

 リアルジャパンの東京・後楽園ホール大会(22日)でレジェンド王者のスーパー・タイガーに挑戦する村上和成(39)が、初代タイガーマスクの佐山聡(55)に恩返しVを誓った。「また佐山先生の元に帰ってきた。第2の人生に踏み出す第一歩だと思う」。同団体初参戦となる村上は神妙な表情で決意を明かした。

 

 1995年に総合格闘家としてデビューした村上が、デビュー戦前にマンツーマン指導を受けたのが佐山だった。プロレスラー志望ではなかった村上をアントニオ猪木に紹介し、UFOマットでプロレスデビューさせたのも佐山で、今年がデビュー15周年となる村上は「人生の節目に佐山先生がいらっしゃる」と感慨深げ。師匠との再会を前に、この日は佐山が信仰する東京・神楽坂の毘沙門天を参り、心を清めた。

 

「『リングというのは喧嘩だよ』というのを教えてくれたのは佐山先生と猪木会長。これを前面に押し出す。恩返しですね」と真摯な態度を崩さない村上。“平成のテロリスト”が原点回帰で生まれ変わろうとしている。