【プロレス大賞】内藤哲也 2年連続MVPから異例の技能賞

2018年12月13日 06時02分

技能賞を獲得した内藤

 45回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」選考委員会が12日に東京・江東区の東京スポーツ新聞社で開かれ、計9選手がノミネートされ大混戦となった技能賞は、新日本プロレスの内藤哲也(36)が初受賞を果たした。

 前年までの2年連続MVPが、翌年に個人3賞を受賞するのは異例。安定した試合内容に加え、前年までと同様に常に話題を発信し続け、業界の中心に君臨したことが高く評価された。リング外での発信力も「広義の技能」と定義され、その点においては内藤の右に出る者はいなかった。

 今年は賞と無縁とタカをくくっていた内藤はオフのこの日、九州で羽を伸ばしていた。「てっきりファミレスでの食い逃げの技術が評価されたのかと思いましたよ。できたら『食い逃げ方法のレパートリー』も評価してほしかったっすね。東京スポーツ新聞社様には、引き続き来年もLIJの聖地に招待することをお約束しますよ。緊急招集がかかるその瞬間までトランキーロ! 焦らずにお待ちください」と、受賞のどさくさに紛れて堂々と犯行予告した。

 だが、羽を伸ばしすぎたのか、この日深夜になって今度はテレビ電話の着信が…。ワインを片手に泥酔した様子の内藤は「それにしてもMVPの票が0なんて。あなた方の1票で人の人生が変わることを理解してほしい。東スポさんだから大丈夫だと思うけど、まさか好き嫌いで審査しているわけではないよね?」と審査員にクダを巻き、平成最後のプロレス大賞に水を差した。