ダイナマイト・キッドさん死去 初代タイガー「悲しみに暮れています」

2018年12月05日 20時29分

ダイナマイト・キッドさん(1984年撮影)

“爆弾小僧”の異名を取ったレジェンドプロレスラーのダイナマイト・キッドさん(本名トーマス・ビリントン)が5日、死去したことが分かった。60歳だった。

 1958年12月5日、英国・ランカシャー州ゴルボーンの出身で、13歳の時からレスリングを始め、75年にテッド・ベットレーにスカウトされてプロ入りした。

 78年にカナダのカルガリー地区に転戦し、軽量級のスターとして売り出された。86年4月の「レッスルマニアII」ではWWF世界タッグ王座を獲得している。

 日本では79年に国際プロレスに初来日し、81年4月の新日本プロレス・蔵前国技館大会では初代タイガーマスク(61)のデビュー戦の相手を務めた。

 スピード感あふれるファイトスタイルで、初代タイガーや藤波辰爾(64)のライバルとして活躍し、84年には全日本プロレスに移籍。91年12月に体力の限界を理由に引退を表明したが、93年に日本と英国で同時にカムバックを果たした。

 だが、近年は体調悪化のため施設で過ごしていた。

 初代タイガーマスク(佐山聡)の話「現状は知っていたので覚悟はしていましたが、私にとって偉大なライバルであるトミーが亡くなって悲しみに暮れています。今はただ、安らかに眠っていただきたいです」