ケンカ仲裁で暴行被害・長与千種の評価

2018年11月20日 16時30分

羽田空港で多くの報道陣に囲まれた長与
羽田空港で多くの報道陣に囲まれた長与

 プロレス界の救世主になれるか。女子プロ界のカリスマ・長与千種(53=マーベラス)が19日未明、北海道・札幌市内でケンカの仲裁に入り、男に暴行を受けていた女性を救出した。左手小指を骨折しながら、相手に一切手を出さなかった姿勢が称賛され「正義のヒロイン」として各メディアで引っ張りだこだ。“長与フィーバー”を歓迎するのが不祥事続きのマット界で、負のイメージ払拭の期待がかけられている。

 札幌から帰京した長与を羽田空港で待ち受けていたのは、約50人の報道陣と300人を超える一般客だった。

 キー局のテレビカメラがズラリと並び、長与自身も「何があったの?」と思わずつぶやいたほどだった。

 長与によると、事件の詳細はこうだ。18日の札幌大会を終えて日付が変わった午前3時ごろ、食事後に彩羽匠(25)ら弟子たちとススキノかいわいを歩いていたところ、女性の悲鳴が立体駐車場から聞こえてきた。すぐに警察に電話をかけ現場に急行した。

 「女性の上に男が乗っかっていて、袈裟固めに近い体勢になっていた。女性はいくつも擦過傷があった」(長与)。166センチの自分より身長が高い中肉中背の男を落ち着かせようと試みるも、話は通じなかった。

 やがてもみ合いになり「もし、ここで手を出したら全国から来ている(弟子の)子たちの人生をダメにしかねない。先輩から続く歴史を汚してもいけない」と一切の反撃はせず、電流爆破マッチで培ったタフさを武器に防御に徹した。つかまれた左手小指は「剥離骨折」と診断された。

 札幌・中央署は、暴行の疑いで飲食店経営長谷川匡容疑者(27)を現行犯逮捕。警察と被害女性から感謝の言葉を贈られたが、その勇気ある行動には各方面から称賛の声が上がった。

 特に今年、スキャンダルに見舞われたプロレス界はなおさらだ。5月には浜田文子が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、その後に有罪判決を受けて引退。今月4日には元ノアの森嶋猛容疑者がタクシー運転手に暴行した疑いで現行犯逮捕された。

 そんな中での久々の明るい話題となり、プロレス関係者は「悪いニュースばかりで『プロレスはまたか』と思われていたイメージを少しでも回復してくれた。長与選手は常に『女子プロ界をどうにかしたい』と言っているが、こういう形でも盛り上げることができる。万人のプロレスラーがこうでなくては」と語る。

 またプロモーターからは「これを機に試合オファーが増えるのではないか」と見られている。1980年代にクラッシュギャルズとして一世を風靡した長与は、電流爆破のリングで再び脚光を浴びた2015年には大仁田厚(61)とのコンビで東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」で最優秀タッグ賞を受賞した。

 だがここ数年は試合がない月も多く、警察の聴取では自らを「元プロレスラー」と申告。「元プロレスラーの長与千種」と報道するメディアが多いのはそのためだ。

 ただし、現役であることに変わりはない。くしくも30日には佐賀・鳥栖市民体育館で行われるチャリティー興行で、10か月ぶりの電流爆破戦に出場する。長与は「小指が折れているので電流爆破バットがフルスイングできないけど出ます」と表明すると「今回の件で反響が大きかったので、恥のないよう、今後も精進します」と語った。

 今回の事件をキッカケにカリスマ健在を示し、「現役プロレスラー・長与千種」がマット界を“再建”してくれそうだ。