• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 全日新オーナー 鎖国&リストラも

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全日新オーナー 鎖国&リストラも


左から武藤会長、内田社長、三阪副社長、白石オーナー

 旗揚げ41年目の老舗団体・全日本プロレスが事実上、買収されていたことが25日までに判明した。買収額は2億円(推定)。企業再生業を専門とするスピードパートナーズ(以下、SP社)が全日プロの株式を買い取り、同社社長の白石伸生氏(40)がオーナーに就任した。新体制を整えた王道マットは壮大な計画が進行中で、プロレス界の構図が大きく変わる可能性も出てきた。

 この日、東京・中央区に移転した新事務所で行われた会見に武藤敬司会長(50)、内田雅之社長(50)のほか、SP社の白石氏と三阪輝氏(42)が出席。席上でSP社による財務面、資金面での全面協力と三阪氏の副社長就任が発表された。

 さらに白石氏が新オーナーであることも明かされた。全日プロでは昨年からSP社との提携を目指してきたが、白石氏が武藤会長、内田社長、日本テレビが保有した全日プロの株をすべて買い取ったことを告白。買収総額は2億円に上った模様だ。

 SP社は経営悪化や倒産した会社の再生を専門に扱う。白石氏はこれまでに「15~16社やっています」とし、注文住宅販売業者の「らいずほーむ」やエステサロンの「ビューティーパートナーズ」などの再建に携わってきた。同社の連結売上高は130億円(2011年3月見込み)。通常はハウスメーカーやアパレル関連の企業再建を中心とするが、同氏が全日首脳陣と親交が深く、自身もプロレスファンで「全日本の場合は特例」という。

 すでに昨年11月1日には、SP社が100%出資した「全日本プロレスリングシステムズ」を設立している。今後は同社が全日プロの運営に当たり、武藤、内田両氏はそれぞれ会長職、社長職を継続することになる。

 新たにかじを取る白石氏は大胆な方針を打ち出す。「2年以内に東京ドームに進出しなさいと厳命している。3年以内に4大ドームツアーができるようになって、ボクのお手伝い終了となる」。最速では来年3月のドーム大会開催を目指すという。

 また、選手たちのメディアへの露出の少なさを危惧しており、来年4月からは地上波テレビによる定期放送開始にこぎつけたい考え。関係者によると、かつて全日プロの中継をしていた日本テレビに加え、TBSとも水面下で交渉しているという。まずは深夜枠などで単発で中継してもらい、実績を積み上げていく方向で調整している。

 一方で、総合格闘技進出のプランもある。「選手の感情もあるので簡単にはいかないと思うけど、総合格闘技もできてプロレスラーだと思ってる」と白石氏。所属のレスラーには厳しいノルマを課すつもりで「KENSO君も今のスタイルだったら容赦なくリストラします。近藤(修司)なんかにもヘビー級に行けと言ってる。人数調整のための無意味な試合もナシ!」と断言。リング上では一切の甘えを排除し、過酷な下克上スタイルを貫く。その一環として、今年4月からは他団体への選手貸し出しを認めない“鎖国”に入るという。

 すべては理想とするプロレスを実現するため。白石氏が描くのは全盛期の全日プロを支えた「四天王プロレス」を超えること。「プロレスは人間の限界値だと思ってる。リングマット(の構造)や鉄柵などを見直し、選手も壊れない限界値を超えたプロレスを目指している」と力説した白石氏は、王道プロレスが再び天下を取る日を確信している。

 新体制となった全日プロは今年の最大のテーマに掲げる「攻め」の姿勢を全力で突き進む。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!