【LLPW―X】井上貴子デビュー30周年記念大会で神取、井上京、堀田とレジェンド軍結成

2018年09月14日 16時30分

左から神取忍、井上貴子、堀田祐美子、井上京子

 元祖アイドルレスラーの井上貴子(48=LLPW―X)が13日、デビュー30周年記念大会(10月2日、東京ドームシティホール)の全カードを発表した。

 貴子はメインで盟友の神取忍(53)、井上京子(49)、堀田祐美子(51)とレジェンドチームを結成。中森華子(29)、雪妃真矢、安納サオリ(27)、チェリー(44)組の次世代軍と激突する。

 貴子は第1試合でも「X」とのシングルマッチに臨み、ダブルヘッダーを敢行。「現在オファーを出していますが、保留中。シングルで一度も勝ったことのない相手です。正体は当日のお楽しみということで」と意味深な笑顔を見せた。貴子のキャリアを上回る現役大物選手だというが…。

 ダブル井上として名コンビを組み、お互いがデビュー戦の相手でもある京子は「30年前の10月10日には(デビュー戦で)反対側のコーナーに立っていたことを考えると感慨深いです…」と感無量の表情。堀田は「この4人が組むこと自体がすごいと思う」と話し、“ミスター女子プロレス”の神取は「一時代をつくった4人という自負はある。それをどう現在の若い世代に伝えていくか。時代を反映するような試合にしたい」と意気込んだ。

「本当は(チームを組む)3人と1試合ずつ戦いたかった。相手の4人には私たちが築き上げてきたものを継承してほしい」と貴子。当日はスペシャルゲストの来場も予定されており、歌も披露する予定。元祖アイドルレスラーのメモリアル興行は、にぎやかかつ華麗な大会となりそうだ。