元祖アイドルレスラー・井上貴子 次世代軍と激突「築き上げたものを継承してほしい」

2018年09月13日 20時00分

次世代軍にメッセージを送った井上

 元祖アイドルレスラーの井上貴子(48=LLPW—X)が13日に都内で会見し、デビュー30周年記念大会(10月2日、東京ドームシティホール)の全カードを発表した。

 貴子はメインで盟友の神取忍(53)、井上京子(49)、堀田祐美子(51)とレジェンドチームを結成。中森華子(29)、雪紀真矢(年齢非公表)、安納サオリ(27)、チェリー(44)組の次世代軍と激突する。

 貴子は第1試合のシングル戦にも登場して「X」とダブルヘッダーを敢行。「現在オファーを出していますが、回答は保留中。正体はシングルでは一度も勝ったことのない相手です。Xの正体は当日のお楽しみということで」と意味深な笑顔を見せた。

 本来は希月あおい(29)がメインに名を連ねていたが、会見中にチェリーが「私は尊敬していた貴子さんと試合がしたい。お願いですからメインに出してください!」と涙ながら直訴。その決意をくんだ貴子は「そこまで言うんなら、希月は10月に引退するし、その代わりに…」とGOサインを出したものの、仁義に厚い神取が「一度決まったカードをそう簡単引っくり返せるか!」と拒否した。

 それでもチェリーに食い下がられると、神取は「よし分かった。これから希月に電話して、彼女がOKと言えばメインのカードを変更しよう。だけどこの(会見の)時間内に電話がつながらなければ変更は認めない!」と一見筋は通っているものの、よ〜く考えると命と引き換えにして、借金の即刻返済を迫る反社会的勢力のような言葉を吐いた。その数秒後にマッハのスピードで希月から神取に返信があり、チェリーは命拾い、いや直訴を認められた。

「本当は(チームを組む)3人と1試合ずつ戦いたかった。対戦相手の4人には、私たちが築き上げてきたものを継承してほしい」と貴子は次世代軍にメッセージを送った。当日はスペシャルゲストの来場も予定されており、歌も披露する予定。元祖アイドルレスラーのメモリアル興行は、騒々しくも華麗な大会となりそうだ。