• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 藤田が小川を襲撃 闘魂継承者抗争は第2Rへ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤田が小川を襲撃 闘魂継承者抗争は第2Rへ


 昨年の大みそか以来、小川直也の再戦要求を無視し続け、姿を消していたIGF王者・藤田和之が23日、東京ドームシティホール大会に登場。負傷欠場した鈴川真一の代役てとして第1試合で定アキラを粉砕後、メーンイベント前にも小川を襲撃。闘魂継承者抗争が第2Rに突入した――。

 

 

 今年に入ってから姿をくらまし、音信不通となっていた藤田が、何の予告もなく、暗闇の中からリングへと登場した。 第1試合、定の対戦相手である鈴川が負傷欠場し、その代役として倉島信行(ドラディション)が来場していたが、リングに上がったのは倉島ではなく藤田。リング上で倉島の入場を待っていた定の驚きの表情がすべてを物語っていた。藤田はヒザ蹴りで若武者を体ごと吹っ飛ばし、後頭部を踏みつける逆エビ固めで勝利すると、無言のまま再び暗闇のバックステージへと姿を消した。

 

 メーンで小川が入場すると、待ってましたとばかりに藤田もリングサイドへ。「お前が来いって言うから来たんだよ」と言う藤田に対して、小川も「第1試合でコソコソやって帰ろうと思ってたんだろ!」と舌戦開始。

 

 藤田のパンチで小川がひざまずき、対戦相手の澤田敦士やIGFセコンド陣も巻き込んで、誰が敵か味方か? も分からないまま大乱闘開始。藤田が「オレは試合しに来たんじゃねえ。このイベントをぶち壊しに来たんだよ。ああ、スッキリした。じゃあな!」と吐き捨てて会場を後にした。

 

 藤田のパンチのダメージで、足元がふらつく師匠・小川の姿に、すかさず襲い掛かった澤田は、ここぞとばかりに攻めまくり試合をリードしたが、小川のヒザ蹴りにストップ。STO連発をカウント2でハネ返したものの、最後は小川が長いリーチを生かした胴締めスリーパーで勝利した。

 

 澤田の成長を喜んだ小川だが、藤田に対しては「怖いから奇襲しかできねえのかよ? コソコソしやがって」とブ然とした表情。大みそかの敗者・小川の再戦ロードのはずが、いつの間にか立場が逆転しつつある。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース下関「SGチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!