サムライTVキャスター・元井美貴 BS「渕正信の幸せ昭和食堂」にハマってます

2018年08月23日 16時30分

プロレス人生の深みを感じさせる渕正信

【東京プロレス娘のスイーツトーク】昼間からビールを飲んで「幸せですね」とほほ笑む渕正信選手。かつてこんなに癒やされるグルメ番組があったでしょうか!? 全日本プロレスの渕選手がグルメリポーターとして老舗の食堂を案内してくださる冠番組「渕正信の幸せ昭和食堂」(BS―TBS)にハマっています。

 お店に入り、まずは瓶ビールを注文していろいろな料理に舌鼓を打ちます。ニコニコとおいしそうに召し上がる姿は、見ているこちらまで幸せな気持ちにさせてくれます。時にはおかみさんに「これショウガ入ってますね?」と聞くも「入ってません」と言われて苦笑いしたり、小皿にこしょうを大量に噴出させてしまったりと、飾らないお人柄が番組のいい味になっているのです。

 渕選手に番組のことをうかがったところ「太っちゃって…」と笑いながら「実際においしかったら、表情と飲みっぷり食いっぷりを見せるしかない」とおっしゃっていた通り、そのリポートぶりは全身で感情を表現するプロレスラーならでは。
「ちょっとおなかが…やっぱり(腹筋は)割れてた方がいいでしょ?」なんておっしゃっていましたが、いえいえ体の厚みは人生の厚み! 食堂の方との会話の中で語られるジャイアント馬場さんやジャンボ鶴田さんとのエピソードにもプロレス人生の深みを感じます。

 プロデューサーさんに渕選手を起用された理由をうかがうと「老舗食堂の店主に対して、同じ昭和という時代を生き、今も現役で、一つのことを長年続けてきた苦労を分かる人が出演者の条件」だったそう。「渕選手はこの条件をクリアした上に、表情、言葉の表現も豊か。そしてなにより半世紀近くリングに立っているので、360度人から見られていることを強く意識している。カメラ前での所作が美しい」のだそうです。

 5月にスタートした番組が好評を集め、8月に続編が放送された昭和食堂。ぜひ、シリーズ化を期待しています!