【新日G1】飯伏が内藤との激闘制す 自力でのV決定戦進出の可能性も復活

2018年08月05日 00時00分

内藤(下)との同年代ライバル対決を制した飯伏

 新日本プロレスは4日の大阪大会で、真夏の祭典「G1クライマックス」Bブロック公式戦を行い、飯伏幸太(36)が内藤哲也(36)との同年代ライバル対決を制し、2敗を死守した。

 互いに強烈に意識し合ってきた昭和57年生まれ同士のライバル対決は、20分過ぎから壮絶な展開となる。内藤の雪崩式リバースフランケンを何と着地した飯伏は、強烈な首折り弾を発射。スワンダイブ式ジャーマン、シットダウン式ラストライドと大技を連発する。

 直後のカミゴェにカウンターのデスティーノを合わされ反撃を許したものの、続けて内藤が狙った正調デスティーノを切り返して変型バスターでマットに突き刺す。最後はボマイェからカミゴェにつないで激闘に終止符を打った。

 この日はIWGP王者ケニー・オメガ(34)が石井智宏(42)に敗れ、開幕からの連勝がストップ。ケニーとの直接対決(11日、日本武道館)を残す飯伏は自力での優勝決定戦(12日、日本武道館)進出の可能性が復活した。

 それでも「全力、出し切りました。出し切りました、はい。G1を優勝するには、何も考えないことだと思うので」と、あくまで無心を強調した。

 またロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン結成後の内藤には初めて勝利し、通算の対戦成績も3勝2敗とリード。「内藤哲也に勝ったことが一番うれしいですね」と満足げな表情ものぞかせた。いよいよ波に乗ってきたゴールデンスターが、悲願の初制覇へ突き進む。