里村明衣子 DDT“としまえんプロレス”で大はしゃぎ

2018年05月26日 16時30分

試合そっちのけで楽しむ里村(左)

 DDT恒例の路上プロレスが25日、東京・練馬区の「としまえん」で行われ、女子プロレス界の“横綱”ことセンダイガールズの里村明衣子(38)が存在感を見せた。

 昨年6月1日に東京ドームで行われた路上プロレスに参加したことがあるが、この時は野球と乱闘だけだったため、本格参戦は今回が初。高木三四郎(48)や男色ディーノ(41)らともみくちゃになりながら、遊園地を広く使った戦いを展開した。ところが次第に絶叫マシンのバイキングに連続乗車したかと思えば、メリーゴーラウンドから「ごきげんよう~」と手を振るなどノリノリに。最後は必殺のスコーピオライジング(変型カカト落とし)でディーノを沈め「想像以上でした。DDTさんにも継続的に出たい」と満足げな表情だった。