【新日スーパージュニア】石森がV候補オスプレイ撃破!「こんなもんか、ダッセーな」

2018年05月19日 00時00分

V候補オスプレイを撃破した石森

 新日本プロレス・ジュニアの祭典「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」が18日、東京・後楽園ホールで開幕。8年ぶりの参戦となった石森太二(35)がAブロック公式戦でIWGPジュニアヘビー級王者ウィル・オスプレイ(25)を撃破し、波乱の幕開けを演出した。

 初戦で優勝候補筆頭のオスプレイと激突した石森は、持ち前の高い身体能力で王者と互角以上に渡り合う。最後はオスカッターを狙ったオスプレイをキャッチし、ブラディクロス(変型顔面砕き)で3カウントを奪ってみせた。

 今年3月にノアを退団。5月にバレットクラブに電撃加入し2代目の「ボーンソルジャー」として新日マット再参戦を果たした。いきなり大仕事をやってのけた石森は「IWGPジュニア王者、こんなもんか。ダッセーな本当によ。このBOSJ、後楽園から始まって後楽園で決着する。お前ら、俺から目を離すなよオイ。最後にこのリング上で笑うのはこの俺。ボーンソルジャー、タイジ・イシモリ。イッツ・リボーン」と下克上を宣言した。

 またその他のAブロック公式戦はYOHがBUSHIを破ってBOSJ初勝利。タイガーマスク、ACHも白星発進を飾った。