• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 特集 > 【長谷川豊アナ連載2】一般企業では考えられないテレビ局の入社試験

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【長谷川豊アナ連載2】一般企業では考えられないテレビ局の入社試験


ページ: 1 2

 ただ、アナウンサーは“局の顔”。人間的な信頼に足るか、カメラが回っていないところでもタレントさんにちゃんと応対できるか、そういう素の部分を抜き打ちで見ていたそうです。

 ここも無事通過。そして役員面接、社長面接を受けました。

 1月21日夜、一本の電話が――「フジテレビです。おめでとうございます。内々定です」。事実上の合格。当時、TBSの最終選考の3人に残り、日本テレビ、テレビ朝日の試験も順調に突破していた僕は「他局は受けないでほしいんですが…」とフジから言われました。断る理由はない。受かったのは、僕と内田恭子(37)、大橋マキ(36)の3人でした。

 実は競馬実況をしたかったので、本命は関西テレビだったんです。その次が、競馬中継をしている新潟か福島のテレビ局。フジテレビは意識していませんでした。でも、就職超氷河期で、かつ3000倍の超難関、7次まであった試験に合格。採用試験直前に、4年半付き合っていた彼女にフラれたのがよかったのかもしれません。「もういいよ! どうせ受かるわけないし!」。心境はやけくそでしたから。

 かくしてフジテレビの門を叩いた僕は、同期の恭子ちゃんの涙を2度、見ることになります。

☆はせがわ・ゆたか=1975年8月12日生まれ、奈良県出身。立命館大卒業後、99年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社。朝の情報番組「とくダネ!」などで活躍。2013年4月にフリーに転向。8月30日に著書「いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話」(小学館)を出版した。

 

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!