• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 都議会ヤラセ質問疑惑に証拠文書

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都議会ヤラセ質問疑惑に証拠文書


 都民ファーストの会の樋口高顕都議が、都議会委員会でヤラセ質問を行ったと疑われていた問題で15日、裏づけとなる証拠が出てきた。樋口氏の“ボス”でもある小池百合子都知事も窮地に追い込まれそうだ。

 問題となっていたのは、昨年9月の都議会経済・港湾委員会での樋口氏の質問が、都政改革本部の小島敏郎特別顧問から指示された疑いがあるとして、自民党が都に文書の開示を請求していた。小島氏は小池知事のブレーンの一人で、9月の樋口氏の質問後に都特別顧問を辞職。その後、都民ファの政務調査会事務総長に就任していた。都顧問が議員の質問を作成していれば、首長と議会が監視し合う二元代表制に反する恐れがある。

 自民党の請求に対し、都側は先月、「文書を保有していない」と回答。樋口氏は「小島氏から助言は受けたが、質問は自分で一から作った」とヤラセ疑惑を否定していた。

 ところが、共同通信の取材で、樋口氏が都側にメールしていた事前質問案のファイル情報から、文書作成者は小島氏だったと判明。共同通信がこのメール文書を都に開示請求したものの非開示になったという。

 都議会では2005年に浜渦武生副知事が民主党都議に質問を依頼したヤラセが大問題となり、浜渦氏は更迭の憂き目に遭った。

 小池氏はかつて都議らの質問を都職員が作成していた慣習を「なれ合い」と批判し、禁じていた。それだけに今回、樋口氏のウソが判明した上、“文書隠し”ともいえる非開示の措置は具合が悪い。自民党は小池氏に都知事としてはもちろん、都民ファの特別顧問で、事実上の代表でもあることから責任を徹底追及する構えだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!