• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 千葉山中に殺害焼死体遺棄の社長が「陰陽師」を名乗り行っていた活動とは

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉山中に殺害焼死体遺棄の社長が「陰陽師」を名乗り行っていた活動とは


 先月8日に千葉・香取市の山中で産業廃棄物処理会社社長の加藤和夫さん(69)が焼死体で見つかった事件から1か月余り。殺人の疑いで男2人が逮捕されたが、加藤さんは産廃会社社長とは別の意外な“顔”を持っていた。

 加藤さんは先月3日から行方不明となり、7日夜に加藤さんと知り合いだった土木建設会社の元社長飯島健司容疑者(76)と同社の元専務柴田正和容疑者(52)が「男性を殴り、殺害して焼いた」と容疑を認め、供述通りに山中から焼損した遺体が発見された。

 捜査関係者によると、遺体が遺棄された敷地は、飯島容疑者が社長を務める土木建設会社の所有地。遺体は同場所で焼かれたとみられる。加藤さんとは造成地の整地作業を巡って、トラブルになったという。

 口論から鉄パイプで何度も殴られた末に無残にも焼かれてしまった加藤さんは、本業とは別に自身が教祖を務める宗家「聖心世直し教会」を主宰していた。同時に“陰陽師”を自称し、「公務員が隠蔽したがる汚職疑獄を暴きだす」などと講演やブログ等で国政や地元市政にメスを入れる活動も行っていた。

 近隣住民は「地域思いで、優しい印象の人。なんでこんなことになったのか不思議です」と困惑した様子で語った。関係者によれば、先月7日に成田署に加藤さんの捜索願を出したのも同宗教信者の女性だったという。事件はあくまで金銭トラブルとみられ、宗教活動との関連はないとみられているが…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!