• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 先輩銃殺は怒鳴られた腹いせ 19歳巡査の残虐で冷静な異様素顔

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先輩銃殺は怒鳴られた腹いせ 19歳巡査の残虐で冷静な異様素顔


 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で、県警の井本光巡査部長(41)が同僚の巡査の男(19)に後頭部と背中を拳銃で撃たれ死亡した事件で12日、殺人容疑で逮捕された巡査は「怒鳴られたからやった」と供述した。一方で、「厳しかったが、きちんと指導してくれた」とも話しているという。警察庁によると、未成年の警察官による殺人事件は初めてとみられる。

 県警によると、巡査は11日午後7時47分ごろ、交番で巡査部長を殺害。その後、パトカーで逃走し、12日午前1時35分ごろ、同県愛荘町内で身柄を確保、殺人容疑で逮捕された。巡査は「間違いありません」と容疑を認めているという。2人は3月26日から交番で一緒に勤務していた。

 巡査の知人は「1月ごろ『彦根に配属が決まった』と言っていた。真面目でムードメーカー的な存在で、野球も熱心にしていた。ニュースを聞いた時は殺したのではなく、殺されたと思ったくらい」と話す。

 事件直後の巡査を目撃したという近隣女性は「7時50分ごろ、駅前の通りを走っていたら、交番からパトカーが出てきたんです。暗いのにスモールライトしかついていなくて、おかしいと思った」と明かす。

 女性が近くのコンビニに立ち寄ると、パトカーもコンビニに停車した。

「警官はコンビニATMの方に向かったんです。制服なのに帽子をかぶっていなくて妙でした。無表情だった。私がレジで並んでると、ATMの方から店員さんを呼びに来て、何か話しかけていた。とにかく冷静だった。後でニュースで顔写真を見て、あの時の警官だと思った」

 巡査は身柄を確保された際、現金約50万円が入った財布を持っていた。限度額の50万円を引き出した後、さらに“逃走資金”を引き出そうとしたのか。

「怒鳴られた」からといって後頭部を撃ちトドメを刺す残虐性と、その直後に見せたコンビニでの冷静さは相反する。パトカーで田んぼに突っ込むという稚拙さもある。

 高卒の場合は採用後10か月間、警察学校の初任科で一般教養や実務の基礎知識を学ぶ。その間、巡査の異常性を見抜けなかったのだろうか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!