• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > モリカケ問題で“安倍離れ”が加速 それでもポスト不在のお寒い自民

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モリカケ問題で“安倍離れ”が加速 それでもポスト不在のお寒い自民


疲れた表情を見せる安倍首相(ロイター)

 自民党の安倍晋三首相(63)は森友学園問題、防衛省の日報隠ぺい、加計学園問題などで危機に直面し、党内で“安倍離れ”に見舞われている。だが、ポスト安倍の動きにはつながっていない。

 筆頭副幹事長を務める“自民党のプリンス”小泉進次郎氏(36)は11日に都内で行われた講演で、安倍政権の問題が次々と噴出した現状に対し「もう“うんざり”の一言だ」と不満をぶちまけた。

 加計学園問題で、首相秘書官だった柳瀬唯夫氏が愛媛県や今治市職員との面会を否定したことについて、進次郎氏は「『(柳瀬氏が言う)記憶の限りでは』と注釈なしでは、会っていないと言い切れない」と話し、懐疑的な見方を示した。

 党内は相次ぐ安倍内閣の不祥事に“安倍離れ”が加速。各派閥は9月の総裁選に向けて緊急会合を開くなどしたが「現状は“ポスト安倍”が不在の状況だ」との声が多く聞かれた。

「政調会長の岸田文雄氏は存在が地味。左系メディアで多く取り上げられる石破茂氏は、地方組織の人気は高いが、所属議員票が見込まれない。総裁選では、岸田氏と石破氏が“打倒・安倍タッグ”結成の見方も出た。しかし、安倍一派の猛反発を買った。進次郎氏はまだ若い」(自民党国会議員)

 10日には二階俊博幹事長と麻生太郎副総理が緊急会談。12日に都内ホテルで行う“麻生派パーティー”では、早くも安倍首相の3選ムードで盛り上げる演出がありそうだ。

「票読みは始まった。安倍派(細田派)94人、麻生派59人、二階派44人。これに竹下派の55人が加われば合計252人となり、安倍首相3選は確実。安倍首相の後継者選びは、2020年の東京五輪・パラリンピック開催後になる。大きな課題が残った」(同)

 安倍首相は、加計問題をのらりくらりと乗り越え、17日に米国で行う日米首脳会談で3選に向け弾みをつけたい意向だが、果たして。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!