• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 「廃炉まで40年」東電が掲げるデタラメな見積もり

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「廃炉まで40年」東電が掲げるデタラメな見積もり


作業に必要なクレーン

【ラジオDJ・ライターのジョー横溝氏が福島第1原発・現地取材で見たもの:短期集中連載3】福島第1原発(F1)問題を長年、取材するラジオDJ・ライターのジョー横溝氏(49)による、連載第3回は東京電力が掲げる「廃炉まで40年」のデタラメについて検証。

 F1構内では日々、約6000人が「廃炉作業」にあたる。東電はF1の廃炉を「40年」と見積もる。事故から7年が経過したので、40年をゴールと考えると登山で言う「2合目付近」のはずだが、取材した感覚では「1合目の半分」も到達していない。

 まず「廃炉」の定義を簡単に書くと「F1構内の土地を更地に戻すまで」ということになる。では、どれくらいの作業があるのか。大まかに言うと以下のようになる。

(1)「1、2、3号機建屋内に残る約1500本の使用済燃料棒の取り出し」
(2)「1、2、3号機の格納容器内に残る燃料デブリ(溶けてしまった燃料棒)の取り出し」
(3)「原子力建屋内、建屋地下にたまっている汚染水の取り出し」
(4)「汚染水などが接していた途方もない量の汚染土の除去」

 この中で具体的な作業予定があるのは、(1)の「3号機の使用済燃料棒取り出し」で、今秋から実施される計画だが、周辺の線量が高く、人が1時間作業するのがやっと。完了まで大きく遅れる可能性は大きい。加えて、1号機と2号機はいまだ「取り出す環境を作っている」状態で本格的な作業に取り掛かるのはまだまだ先。つまり、この7年間は廃炉の具体的な作業の第1弾に入るまでの準備段階だった。

 さらに廃炉に向けての最難関は(2)だ。「デブリの取り出し」というと過去に2つの事故を思い出す。1つ目は1979年のスリーマイル島原発事故。同事故ではメルトダウンしたデブリは圧力容器の中にとどまっていた。それでもたった1機のデブリの取り出しまで「11年」かかった。ただし、廃炉は完遂していない。

 2つ目は86年のチェルノブイリ原発事故。同事故も1機だけの事故だったが、メルトダウンした燃料棒はF1同様、圧力容器を突き抜け、格納容器の底まで達した。同事故では「デブリの取り出しは不可能」と判断し、「石棺」という石で原発を閉じ込める方法を取った。つまり「廃炉は諦めた」ということ。F1にはチェルノブイリと同じ状態のデブリが3機分ある。しかも、1号機、2号機、3号機ともにデブリの場所が特定されていない。今後、デブリ探し→その場所や様態に合わせた、取り出すためのロボットを開発、テスト→そして実際の作業に移す。この工程を3機分作業しなくてはいけない。途方もない時間がかかるのは間違いない。

 なぜ東電は40年という期間を示したのか? 東電に聞いたが「40年での廃炉を約束したわけではない。目安としての40年です」という返答だった。つまり廃炉40年にはなんの根拠もない。それどころか、本当に廃炉が可能なのかもかなり怪しいとお分かりいただけるはずだ。(続く)

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!