• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 【森友問題】口火の豊中市議「安倍政権には調査する資格ない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【森友問題】口火の豊中市議「安倍政権には調査する資格ない」


木村豊中市議

 学校法人「森友学園」の国有地売却問題をめぐり、財務省による決裁文書書き換え疑惑が大騒動となっている中、国有地売却問題の端緒を開いた木村真豊中市議(53)が取材に応じた。

 疑惑をめぐっては、国会を混乱させた責任を取って、佐川宣寿国税庁長官が9日に辞任。今回の公文書書き換えに関しては「森友学園問題への影響とそれ以外」の2つの問題として考えないといけないという。

「森友に関しては『本件の特殊性』と特別扱いしていたことを隠そうとしていた。それは安倍昭恵さんの存在抜きには考えられない。もう一つは、公文書改ざんとなると、表沙汰になっていない件が他にもあったり、他省庁でもあるかもしれない」。続けて「そうなると、何も信用できないし、この国の統治機構の基盤を崩してしまう問題。改ざんされたものが原本として保管されると、後世でも検証できなくなる。民主主義、歴史に対する犯罪だ」と厳しく断罪した。

 その上で、事態がここまできたことに「今さら役人が1人辞めて、それで幕引きする問題ではない。安倍政権にはこの問題を調査する能力も資格もない。内閣総辞職は当然だ」とバッサリ。佐川氏については「更迭や解任ではなく、我々の知らないところで、民間に転身などしてたら救いがたい事態だ」と語った。

 一方で、木村氏は森友学園が目指した小学校の設置認可についても言及。「学校設立認可も極めて不自然で、職員数名に聞いただけの調査報告書だった。今回の問題は、森友学園のためだけに設置基準を引き下げたところから全てが始まっている。それで森友が申請できるようになり、認可適当、国有財産審議会へと進んだ。そこは忘れてはいけない。籠池さん(学園前理事長)も松井(一郎・大阪府知事)さんの実名を挙げて、『ハシゴ外された』と言ってたでしょ?」

 今後の調査については、会計検査院の再調査も一つの手とはしながらも「何よりも強制捜査の権限を持っている検察ですね。今回の件は追い風となっていると思うので全容解明に期待したい」と話した。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!