• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 正恩妹・金与正氏が訪朝要請 文在寅大統領一行を待つ平壌美女妊娠団

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正恩妹・金与正氏が訪朝要請 文在寅大統領一行を待つ平壌美女妊娠団


 韓国を訪問中の金正恩朝鮮労働党委員長の妹・金与正党第1副部長、金永南最高人民会議常任委員長ら高官代表団は10日、ソウルの大統領府で文在寅大統領(65)と会談し、年内の訪朝を要請した。南北融和が進む中、平壌では“美女妊娠団”が手ぐすね引いて待っているという。

 与正氏はやはり正恩氏の名代だった。9日、超VIP待遇で平昌五輪開会式に出席した同氏について、大統領府は一夜明けた10日、正恩氏の特使としての訪韓だったと明らかにした。

 大統領府で北朝鮮高官代表団を出迎えた文大統領は与正氏に「昨夜は寒い中、夜遅くまでお疲れさまでした。体調は大丈夫ですか」と気遣うところから始まった。

 会談の席で与正氏は正恩氏の親書を文大統領に手渡し、口頭で「(正恩氏は)早い時期に会う用意がある。平壌でお会いしたい」と訪朝を要請。文氏は「今後、条件を整えて実現するようにしよう」と前向きに回答した。

 韓国メディアからは「与正氏に非核化を迫るべき」とのもっともな声が上がっていたが、平昌五輪を成功させたい一心の文大統領は会談の席で、核・ミサイル問題に触れることはなかった。前日の日韓首脳会談では、安倍晋三首相の米韓合同軍事演習を延期すべきでないとの主張にも文大統領は「内政問題だ」と不快感を示したという。結局、与正氏とは3時間近くも会談、会食した。文政権の弱腰、親北外交に怒り心頭の反対派は、大統領府周辺に詰め掛けたが、もはや後の祭りだった。

 文大統領が訪朝し、南北首脳会談が開かれるとなれば2007年10月以来となる。北朝鮮ウオッチャーは「対話のチャンネルが開かれれば、もう北朝鮮のペースは止まらない。韓国はのまれる一方でしょう。韓国の高官やメディア幹部らも北朝鮮のハニートラップの色仕掛けで骨抜きにされますから」と指摘する。

 一般的にハニートラップといえば、女性スパイが標的の男性を誘惑し、行為中の写真等を証拠に揺さぶりをかけてくる手法が有名だが、北朝鮮はもう一歩踏み込んだ手を使ってくるという。

「平壌を訪れた政府やメディア関係者などの宿泊先を夜になって、北朝鮮の美女が訪問するんです。関係を迫り、その日は“一夜限り”で終わったように見せかけ、きれいに別れたふりをするんですが、しばらくたってから『妊娠した』と言ってくる。1年後には赤ん坊の写真が送られてくる。『黙っているから北朝鮮の悪口は言わないでほしい。養育費を振り込んでほしい。もし言うことを聞かなかったらすべて話す』と脅すんです。“美女妊娠部隊”といわれています」(同ウオッチャー)

 妊娠・出産をでっち上げるワケではなく、妊娠しやすいよう排卵日なども計算された女性が割り当てられるという。さらに驚くべきはこの部隊の美人度だという。

 平昌五輪に合わせて訪韓中の美女応援団や三池淵管弦楽団の女性団員はいずれも容姿端麗で、韓国男性のハートを射抜いていた。「美女妊娠部隊はさらにレベルが高い。北朝鮮のえりすぐりの美女がそれこそ平壌に集められ、ハニートラップの任に当たるんです」(同)。北朝鮮は既に平壌を訪れた韓国や米、欧州の要人、メディア関係者を籠絡し、“親北派”に染め上げているという。

 大統領就任時に「条件が整うなら平壌にも行く」と話していた文大統領は根っからの親北派。将来的には、北朝鮮主導の南北統一も辞さないと言われるほどで、南北融和に前のめりになっている。南北関係改善で交流機会が開かれた際には、美女軍団に籠絡された“親北派”が一気に増殖する事態となってしまうのだろうか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!