• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > インフルエンザ予防の新説が話題に!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザ予防の新説が話題に!


 インフルエンザがピークを迎え流行が拡大している。一方で、昨年末には深刻なワクチン不足が問題になった。こうした背景から従来のワクチン接種とは異なる意外なインフルエンザ予防法が注目を集めている。

 国立感染研究所の集計によると、1~7日の1週間インフルエンザの患者数は約124万人。前週に比べ20万人余り増加している。昨年12月にはワクチンの供給不足が全国的に問題となり、医師団体が厚生労働省に解消を求める事態となった。

 現在はワクチンの供給は安定しつつあるようだが、接種を受けたい時に受けることができず、実際にインフルエンザを発症してしまった人も多い。こうした背景から、唾液量を増やす「唾液治療」という新しい予防法が注目されている。

 大阪府岸和田市「ナカイデンタルオフィス」の中井大介院長は「唾液治療とは、口内の唾液を増やすことによってインフルエンザや風邪、虫歯などを予防する方法のことです。口の中の粘膜が潤うことによって、ウイルスなどの異物が体内に侵入するのを防ぐことができるのです」と話す。

 近年は食生活などが原因で唾液量が少なくなっている人が多いが、唾液が口内にたっぷり出ることによってインフルエンザをはじめとするあらゆる感染症の予防となるという。同医院では「ビタミンB2、B6の薬を朝昼晩3回服用することによって、唾液量を増やす」治療を実施している。一般家庭でも「顔にある唾液腺をマッサージする」「レモンや梅味のガムをかむ」などの方法で唾液を増やすことができるという。

 中井院長は「インフルエンザのワクチンや治療薬は不足やリスクの問題がありますが、唾液をしっかり出すことで十分予防になります。費用や時間もかかりませんし、受験生の方にもおすすめです」と呼びかけている。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!