• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 岩手県セクハラ疑惑町議 謝罪会見でトンデモ釈明

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手県セクハラ疑惑町議 謝罪会見でトンデモ釈明


 岩手県の地方紙「岩手日報」の女性記者が同県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつ行為を受けたと告発。6日付の紙面で発表したことで騒動になっている。

 同社によると、伊達氏は10月中旬の早朝、記者が取材目的で宿泊していた岩泉町内のホテルの部屋に押し掛け、何度もドアをノックして乱入。対応した記者に無理やり抱き付いて複数回キスをしたという。記者はショックで休職状態が続いており、刑事告訴も検討している。

 この日、会見を開いた伊達氏は騒動を謝罪。一方で肝心の動機部分は理解不能な言い訳に終始した。

 記者への“抱きつき行為”については認めたものの、わいせつ目的かどうかについては「PTSD(心的外傷後ストレス障害)による幻聴、幻覚があった。(当日朝に)『助けてくれ!』という声が聞こえたので『大丈夫か』と部屋に行って、無事でよかったという気持ちでハグした」と主張。キスについては「記憶にない」と繰り返した。

 伊達氏は町内に甚大な被害をもたらした昨年8月の台風10号の豪雨対応がトラウマとなり、今年10月25日からPTSDを患ったとして、盛岡市内の病院に入院していたという。公務には今月5日に復帰している。

 昨年8月の豪雨被害から1年以上経過しての入院は怪しさ満点。「時系列を見る限り、記者へのセクハラが問題となり、慌てて理由付けのために入院したようにしか見えない」(地元テレビ関係者)という声が上がるのも当然だ。

 裏を返せば、会見で「辞職も含めて考えていく」と宣言したところで、辞めるつもりはないだろう。前出テレビ関係者は「伊達氏は1999年の町長選で初当選し、現在5期目。町議会で強い影響力を持つため、このまま居座るかもしれません。幻聴・幻覚症状のある人が町長職を務めることができるとは到底思えませんが…」と話す。

 居座れば女性記者の心の傷は深まりそうだが…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!