• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 詩織さん事件で超党派議員が猛追及 急先鋒・森裕子氏は“永田町最恐”女史

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詩織さん事件で超党派議員が猛追及 急先鋒・森裕子氏は“永田町最恐”女史


詩織さん(右)と森裕子参院議員

 元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)からのレイプ被害を訴えているジャーナリストの伊藤詩織さん(28)が6日、国会内で開かれた国会議員の会合に出席した。

 2年前に山口氏に準強姦容疑での逮捕状が発布されながらも警視庁刑事部長(当時)によって直前で待ったがかかり、不起訴となったこの事件。検察審査会でも不起訴相当の議決が出たことで終結かと思われたが、詩織さんは民事で山口氏を訴え、国会では超党派の「準強姦事件逮捕状執行停止問題を検証する会」が立ち上がった。

 民進党の分裂で野党は足並みが揃わない中、この議連だけは別で立民、希望、民進、維新、自由、共産、無所属とオール野党が集結。議連や衆参の各委員会で連日、捜査の経過や検審での適正な審査がなされていたかなどを“じゅうたん爆撃”で追及している。中でも役人答弁を繰り返す警察、法務省の官僚をぶった切っているのが、議連の呼びかけ人の森裕子参院議員(61=自由)だ。

「小沢一郎氏が強制起訴となった陸山会事件で森氏は徹底的に検察組織に斬り込み、インチキを暴いた。再び疑惑まみれの案件で、意気込んでいます」(野党関係者)

 この日の会合でも検察審査会が公開した山口氏の審査結果が日付以外は黒塗りだったことに、森氏は「(陸山会事件の)6~7年前に散々議論して全部黒塗りを外した。個人情報以外は黒塗りを外して持って来なさい」と法務官僚を一喝した。

「警察・司法組織は霞が関の中でも個人情報を盾に情報公開に最も及び腰ですが、前例主義でもあり、根気よくやれば、徐々に情報は出してくるでしょう」(前出の野党関係者)

 会合後に森氏は詩織さんに対し「インパクトの大きい行動をとってくれた。(警察・司法が)恣意的に運営されると何の罪もない人が犯罪者に仕立て上げられることもある。改めて私もこの問題に取り組みたい」と約束。2003年には当時議員だった元プロレスラーの大仁田厚氏(60)と議場で“乱闘”したこともあり、「メンチを切ったら永田町で一番怖い」とも評される“猛女”の追及で、ブラックボックスは暴かれるか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!