• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 韓国人が米国で営業!日本食文化を破壊する「独島寿司」のトンデモメニュー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国人が米国で営業!日本食文化を破壊する「独島寿司」のトンデモメニュー


カリフォルニア州にある独島寿司

 日本の「すし文化」が汚される――。韓国の国会は先日、毎年8月14日を、元慰安婦をたたえる記念日とする「慰安婦被害者生活安定支援法改正案」を本会議で可決した。国ぐるみでの“反日”行動が目立つ韓国では先日、トランプ米大統領訪問時の晩さん会で提供した「独島エビ」が物議を醸した。さらに米カリフォルニア州サンディエゴにはその名も「独島寿司」(Dokdo Sushi)なるすし店があり、とんでもないシロモノを出しているというから、もはや笑いごとではすまされない。

 独島寿司の経営者は、当然韓国系米国人だ。同州サンフランシスコ市に設置されている慰安婦像などをめぐって市議会は先日、像などの寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決。背景には韓国系の徹底的なロビー活動があった。今後、韓国系のロビー活動で、すしもねじ曲がった別物と化してしまうだけでなく、韓国発祥のものとなってしまうかもしれない。

 ここ10年、西海岸を中心に韓国人や韓国系米国人経営による“ナンチャッテすし店”が急増中で、日本人経営の正統派すし店を駆逐し始めようとしている。まだ、すしがそれほど世界的に認知されていない時代、韓国人は「生魚を手づかみで食う野蛮な日本の文化」として、嘲笑してきた。

 しかし、欧米でヘルシーフードとして刺し身、すしが大ブームになると一転、「すしのルーツは韓国で明治時代に日本に伝わった」などというデマを吹聴し始めた。

 韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「日本人からすれば、噴飯ものですが、欧米人の中には、すし=韓国起源説を信じてしまう者もいるから厄介です。しかも、韓国系の人は欧米で日本人になりすまし、店の雰囲気も日本風に擬態しているだけに分かりにくい。そこへもってきて、『Dokdo(独島)』という竹島(島根県)の韓国名を屋号に使い、竹島を韓国領であるとアピールしているのですから、猿知恵にしても悪質です。というよりもトランプ大統領の晩さん会に『独島エビ』を出すセンスと一緒です」

 では、その独島寿司、どんなすしを出すのか。

 但馬氏は「同店自慢のメニュー『熱いキスと熱い夜ロール』は、ごはんの上にネタを乗せ、毒々しい赤や黄色のソースをかけた奇怪な食べ物。これをすしだと言い張る厚顔さには、開いた口がふさがりませんでした。韓国ナンチャッテすし屋はどこも大同小異といったところでしょう」と説明する。

 ここまでは笑ってすませられるかもしれないが、恐ろしいのは、衛生観念だ。

「韓国の大衆料理屋では前の客の食べ残しをそのまま使い回すなんてことは当たり前に行われています。以前やはり、韓国系すし屋が川魚をそのままネタとして出していたというケースもありました。そのようないいかげんな調理で出されたもので食中毒でも起こされたら、日本のすし文化の信用にもかかわってきます」(同)

 幸いなことに、本当の日本食好きの米国人には、本物と韓国系ナンチャッテ和食の店の区別がつくそうだ。「アジアンフーズ」を看板にする店は、まず韓国系だそう。

「アジアという名目で、すしからプルコギ、キムチまでなんでも揃えているという店です。そもそもすしのような素材の新鮮さが命の料理と、臭いのキツい韓国料理とは水と油なのですが」と但馬氏は指摘している。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【東スポ×競馬ラボ】ニコ生で「有馬記念」予想バトル new
本紙・舘林&松浪記者と大魔神・佐々木、アンカツ、麒麟・川島が激論!

【ウインズ川崎】本紙・舘林と稲富菜穂が「全日本2歳優駿」展望トーク
2歳ダート最強馬決定戦「全日本2歳優駿」(13日、川崎競馬場)の注目馬はこれだ!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
ばんえいオークス(3日=帯広競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はSGグランプリ(住之江)&GIクイーンズクライマックス(大村)

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!