• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 凶悪介護職員の“魔の手”から逃れる防衛策はないのか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凶悪介護職員の“魔の手”から逃れる防衛策はないのか


 今年8月に、勤務先の介護付き有料老人ホームで入所者の男性を窒息死させたとして、警視庁捜査1課は殺人容疑で東京都杉並区の元職員、皆川久容疑者(25)を14日に逮捕した。介護職員による入所者の虐待や、死に至らしめる事件が後を絶たない。体の自由が利かなくなった高齢者にとって、まれにみられる凶悪介護職員の魔の手から逃れる防衛策はないのか。

 皆川容疑者は8月22日午前4時ごろ、東京都中野区白鷺の介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」の1階浴室で、足腰の不自由な藤沢皖(かん)さん(83=当時)を浴槽に投げ入れ、その上から湯を張って窒息死させた疑い。

 当初は「入浴介助中にナースコールが鳴り、20分ほど目を離した間に溺れていた」などと説明していたが、ナースコールの記録が残っていないなど不審点があった。前夜から複数回、藤沢さんが粗相で布団を汚したことに立腹し、部屋で首を絞めた後に浴室で犯行に及んだとみられる。

 皆川容疑者は「何度も粗相で布団などを汚されて“いいかげんにしろ”と思ってやった」などと容疑を認めている。

 14日夕方、会見した運営会社「ニチイケアパレス」の秋山幸男社長によると「真面目でおとなしい職員と認識している。欠勤や遅刻はほとんどなかった」。事件当日、警察から戻り面談した際は「大変なことをしてしまった」と泣き崩れたという。現場検証に立ち会った後は自宅待機しており、9月に依願退職した。

 皆川容疑者は2014年4月に新卒で採用され3年5か月の間、同社に勤務。昨年6月から現場の老人ホームで働いていた。自身のフェイスブックでは学生時代に「あーあ、○○(スーパー店名)落ちたーやっちまったーしくじったー」などと就活の苦労も明かしていたが、介護職については触れられていない。

 施設は西武新宿線鷺ノ宮駅から徒歩10分強の場所に位置する、しゃれたマンション風の有料老人ホーム。15年開所で、定員は約70人。完成当初、内覧した住民は「ビジネスホテルみたいで各階に広い浴室があった。『1人で入るんですか?』と聞いたら『職員が付き添います』とのことだった」という。

「ここは頭金(利用権料)1000万円か2000万円払って、月額15万円もかかる。頭金を入れない場合は月々25万円だったかな。いわゆる分譲型の高級老人ホームで、一般庶民にはとても手が届かない」と同住民。

 14年の連続転落死事件で職員が逮捕、起訴された「Sアミーユ川崎幸町」(神奈川県)も高級老人ホームだった。

 犯罪ジャーナリストの北芝健氏は「高級老人ホームに入居できるのは、ある程度の資産家。現役時代は会社の重役だったり、学者だったり、社会的地位の高かった人たちで、職員に対して自分の部下のようにぞんざいな態度をとる老人もいる」と語る。

 ぞんざいな振る舞いがない上品な入所者に対しても、職員側が勝手に引け目を感じてしまうこともあるという。

「自分たちはシモの世話をして夜勤もして手取り16万円。入居者らはいい生活を送ってきた人たちで、施設の食事に文句もつけるし、身のこなしからも上流気質が漂い“格差”を感じざるを得ない。自分の親はこんな所に入れられないという嫉妬心から憎悪を生むこともある」

 そして、北芝氏は身の守り方をこう指摘する。

「私も高級老人ホームを見舞った際、入居者のおばあちゃんが食事中に肌寒いので首にスカーフを巻いていたら『それ洗うのは私なんだから』とはぎ取られているのを見たことがある。スタッフのストレスのはけ口になりやすいのは家族などの面会が少ない人。自衛方法としては、見舞い客に介護職員を紹介して『この人にお世話になっているんだよ』と作り笑顔でもいいから紹介すること。“現役”の目があると思ったら老人に悪さをできないものです」

 介護職に就く人の意識改革とともに介護職の待遇改善が必要だろう。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!