• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > ドリフト走行会 安全管理の“想定外”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリフト走行会 安全管理の“想定外”


 佐賀市富士町の天山スキー場の駐車場で12日に開催されたドリフト走行会で乗用車が観客席に突っ込み、乗用車に乗っていた2人と観客2人が病院に搬送された。

 天山スキー場によれば、走行会は佐賀市の「カーピット森永」が開催。同社のホームページによれば、「わいわい走行会」と題し、午前9時から夕方まで66台がエントリーし、ドリフト走行といわれる後輪を滑らせてコーナーを走る技術を披露するイベントだった。

 佐賀北署によれば、午前9時半ごろ、長崎県西海市の20代男性が運転した乗用車が観客席に突っ込み、首にケガをした。助手席に同乗していた30代男性は胸部骨折、巻き込まれた観客の20代男性は顎の骨を折り、40代男性は脳挫傷で意識不明の重体を負った。

 事故当時、駐車場には約100人の観客がいた。走行コースは広大な駐車場の中に設けられていたが、一部の観客は高さ30センチほどのコンクリ製の花壇やカラーコーン越しに目の前での観戦だったとみられる。

 昨年は宇都宮市の日光サーキットでドリフト競技中の車から外れたタイヤがコース沿いにいた女性に直撃し、死亡する事故が起きた。

 ドリフト走行はただでさえ、スピンが起こりやすく、危険と隣り合わせである以上、主催者は安全の徹底を図るのは当然。主催者は参加者に対し、「事故等をすべて自己責任とし、賠償等の請求は一切しない」「施設や設備を損壊させた場合には、修理費用を弁償」等を誓約させていたが、観客の安全は全く考慮されていなかったともいえる。

「カーピット森永」の森永純平社長は「車を好きになってもらいたいとの思いで開いた。主催者として責任があるが、今回のような事故は想定できていなかった」と話した。佐賀北署は業務上過失致傷容疑などでの立件も視野に安全管理が適切だったかどうか調べる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!