• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > トランプ米大統領 金正恩氏にラブコールの真意

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ米大統領 金正恩氏にラブコールの真意


トランプ氏(ロイター)

 アジア歴訪中のトランプ米大統領(71)は12日、訪問先のベトナムで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を「友人になるよう努める。いつか実現するかもしれない!」とツイッターに投稿した。トランプ氏と正恩氏が手を握る日は来る!?

 トランプ氏は「なぜ正恩氏は私を『老いぼれ』と侮辱するのか。私は決して彼を『チビ、デブ』と言わないのに」との後に“友達になろう宣言”につながった。

 さらに投稿後、ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席(61)との共同記者会見では「(正恩氏と友人になるのは)奇妙なことだろうが、人生は奇妙なことが起きるものだ。(実現すれば)北朝鮮や世界にとって良いことだ」と話した。

 トランプ氏のチビ発言にまつわる前出ツイートはウソで、実際には正恩氏を「チビのロケットマン」とののしっている。正恩氏は「米国の老いぼれのマッドマン(狂人)を必ず火で罰する」と反撃。2人の舌戦は「幼稚園の子供のケンカ」(ロシアのラブロフ外相)といわれるほど醜いものだった。

 正恩氏からすれば、米国と対話し、国際社会で認められたいがために挑発行為を繰り返しているともいえるが、散々罵倒されてきたトランプ氏に突然「友人になろう」と言われて受け入れるハズもない。

 一方でトランプ氏は“有言実行”タイプ。韓国訪問で「サプライズがある」と予告し、公表していなかった軍事境界線の板門店視察を突如、試みて(濃霧のため現地に着陸できず)、周囲を驚かせた。今回も無意味なツイートではなく、何らかの“トモダチ作戦”が水面下で進行しているのだろうか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!