• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 福山幹事長が語った立憲民主党“マイナーパワー”の手応え

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福山幹事長が語った立憲民主党“マイナーパワー”の手応え


枝野氏を支える福山幹事長

 白熱する衆院選(22日投開票)は、希望の党・小池百合子代表(65)による「排除の論理」やその政策に反発した枝野幸男氏(53)が立ち上げた立憲民主党への支持が広がっている。同党の福山哲郎幹事長(55=参院議員)は本紙に「“マイナーパワー”が伝わっている」と自信をみせる。さらに本紙は小池氏の“天敵”とされる自民党“石原兄弟”の選挙戦にも迫った。

 3日に結党されたばかりの立憲民主党だが、ツイッターフォロワー数は17万人を超え、自民党、希望をも寄せつけない人気で、個人献金の申し出も殺到しているという。

 共同通信の電話世論調査(10、11日)によると同党は、公示前から倍増の30議席台も視野に。自民は公示前と同レベルの288議席程度が見込まれ、希望は60議席前後で伸び悩み。公明と共産は議席減も。維新と社民はそれぞれ、微増、現状維持の情勢。NHKが行った調査でも、支持率で立憲民主は4・4%を獲得し、自民党31・2%、希望4・8%に次ぐ第3党に躍り出た。

 枝野代表とともに立憲民主のキーマンとなる福山幹事長は、本紙の直撃に「選挙戦は始まったばかり。何が起こるかわかりません。私は新米幹事長。候補者も少ない。小選挙区は公認候補、比例代表は“立憲民主党”と書いてもらえるように頑張っていきたい」と謙虚に話した。

 選挙アナリストは「自民党は、立憲民主党のツイッターフォロワー数に驚き、ネットに力を入れ始めた。立憲は共産党の支持層を取り込み、希望の半分まで伸びた。中盤から後半の選挙戦次第で、50議席に届く可能性が十分にある」とみる。

 人気の要因について福山氏は「政策や政党ではなく、枝野代表の人柄が(前半戦の)結果につながっているのならうれしい。全国各地で街頭演説をしていても市民の方々の期待を強く感じている。自民党のような巨大政党に立ち向かう我々の“マイナーパワー”が、市民の皆さんに伝わっているのかもしれません」と分析した。

 そのうえで福山氏は「今回の解散は“安倍首相の森友・加計学園隠し解散”。ムチャクチャです。枝野代表は野党が混乱するなか、1人で立ち上がった」とした。

 一方、希望と戦う自民党の“石原兄弟”の動向も注目だ。石原慎太郎元都知事(85)の三男・宏高氏(53)は東京3区で、民進から希望にくら替えした松原仁氏(61)と激突。これまでの直接対決の戦績は宏高氏の3勝2敗で、前回は同氏が接戦をものにしているが、今回はわからない。

 希望の小池代表は、父・慎太郎氏を築地市場の豊洲移転問題の“A級戦犯”に仕立て上げ、昨年の都知事選勝利で、宏高氏の兄伸晃氏(60=東京8区)を自民党東京都連会長の座から引きずり下ろすなど、石原ファミリーの“天敵”だ。

 11日、目黒区の武蔵小山駅前で演説を行った宏高氏は「小池さんの政策は『原発ゼロ』や『花粉症ゼロ』など耳ざわりの良い言葉ばかり。中身は全くない」とバッサリ。
 ライバルの松原氏ら希望に移った民進党出身候補に対しても、「選挙に勝ちたいがために、コロコロと政策を変えてしまうのはどうなのか。これまでの野党の枠組みも崩れてしまった」と批判した。許せないのは小池氏だけではない。一部週刊誌は宏高氏を「落選」、希望の前職木内孝胤氏(51)と戦う伸晃氏も「苦戦必至」とアオっている。

 9度の当選回数に加え、国交相などを歴任した伸晃氏にしてみれば、プライドを傷付けられたも同然。秘書は「ウチは盤石なのでご心配なく。自分の選挙区よりも、他の候補の応援に回る立場ですよ」と格が違うとばかりにまくし立てた。

 宏高氏も本紙に「週刊誌に書かれるのは毎度のこと。気にしていたらキリがない。フェイクニュースもありますからね」とプライドをのぞかせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」 new
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!