• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 物議醸す「小池公約」 突っ込みどころだらけ「12のゼロ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物議醸す「小池公約」 突っ込みどころだらけ「12のゼロ」


12のゼロを掲げた小池氏

 小池百合子都知事(65)が率いる「希望の党」が6日に発表した衆院選(10日公示、22日投開票)の公約が物議を醸している。消費税率10%への引き上げ凍結、原発ゼロと聞こえのいいものからブラック企業ゼロ、花粉症ゼロと、首をかしげたくなるものまでさまざま。さらに小池氏の名前にかけた経済政策「ユリノミクス」には、とんだチャチャが入れられているのだ。

 小池氏がアベノミクスに取って代わる新経済政策とタンカを切ったのが、自身の百合子の名をもじった「ユリノミクス」だ。ただ、発表直後からネット上では突っ込みの声が相次いだ。

 英語で「urine」(ユリノ)が尿を意味し、尿の成分を識別する「urinomics」の単語まで既に存在していた。「小池氏は英語が堪能なのに調べなかったのか。造語にしても別の言葉にすればよかったのに」「英語圏でこの響きは最悪」「日本マネーを垂れ流すということ?」と散々な言われよう。言葉いじりされてしまったともいえるが、突っ込みたくもなる公約の“軽さ”だった。

 まず、「3本の柱」として打ち出したのが2019年10月に予定される「消費税10%への引き上げ凍結」と「2030年までの原発ゼロ」、そして「憲法改正」。

 消費増税凍結で代わりとする財源は、大企業の内部留保への課税とハードルは果てしなく高い。原発ゼロは2030年までとしたが、具体的な工程表を今後、作成するとなれば、脱原発派からも「口だけ」と眉唾に映るのも当然だ。唯一、憲法改正だけが安倍政権と波長が合うだけに現実味がある公約ともいえる。

 原発を合わせた12のゼロ(隠ぺい、企業献金、待機児童、受動喫煙、満員電車、ペット殺処分、フードロス、ブラック企業、花粉症、移動困難者、電柱)も訴えた。項目を見ていくと受動喫煙、企業献金はまだしも、国政政党が重要政策として掲げるものなのか?と目を疑うものもチラホラ。「花粉症ゼロ」って何だ!?

 小池氏は「とても身近な課題。社会的なロスを考えると、林や森の問題から、医療・医薬品の開発まで含めて取り組んでいく」とヤル気満々。都政担当記者は「全国でスギやヒノキを伐採するんですかね。何期務めるつもりなのか」と皮肉交じり。また「小池知事が花粉症に悩まされているという話も聞かない」というからナゾは深まるばかり。

 これらのゼロ政策は、大小のテーマが混在しすぎではないか。

「待機児童や満員電車は地方では関係ない。国を挙げて取り組むにはなじまない政策が多いのは、首都・東京をターゲットにした都知事選や都議選の公約のほぼ焼き直しだからです。公認候補者選びなど仕事は山積みで公約を熟考する時間も人材も十分でないのでしょう」(同)

 さらに「よく盛り込んだな」と冷やかされるのが“ブラック企業ゼロ”だ。小池氏は「激しい残業で亡くなる方まで出て海外の報道では『KAROSHI』とアルファベットで使われている。働き方改革の一環としてブラック企業ゼロを目指す」と話したが、都政関係者は「ブラックなのは小池氏の方ですよ」と皮肉る。

 前日には都民ファーストの会の都議が「都民ファこそがブラックボックス」と小池氏と幹部による党の独裁運営、言論統制を告発し、離党したばかり。

 また小池氏が都知事と国政政党代表の二足のワラジを履いたことで、都庁担当記者はこの間、朝から晩まで働きづめだ。

「小池氏が都政をおろそかにしていると言われたくないために公約会見は公務の前になる朝9時から。知事はタフでいいかもしれないが、追わないといけないこちらは疲労困ぱい。衆院選ではおそらく全選挙区を応援回りするんじゃないでしょうか」と戦々恐々だ。

 振り返れば、小池氏が都知事選で当初、掲げた「都議会の冒頭解散」「舛添問題の第三者委員会設置」など、とっくにどこかへ行ってしまっている。「市場移転問題でも『築地は守る、豊洲を活かす』と有権者・メディア受けするキャッチーな政策とコピーを掲げるのが、小池氏の真骨頂。ただ小池劇場も最初は斬新だが、見慣れてしまうと空虚でしかない」(永田町関係者)

 希望にあふれる公約のハズが、「信用ゼロ」「実現性ゼロ」と辛辣な反応が飛び交うのも無理はない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!