• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 猪木氏が「安倍首相の訪朝が必要」と訴えた背景

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猪木氏が「安倍首相の訪朝が必要」と訴えた背景


会見を行ったアントニオ猪木氏

 北朝鮮を訪問したアントニオ猪木参院議員(74真)が13日、東京・日本外国特派員協会で会見を開いた。猪木氏の訪朝は今回で32回目。現地では金正恩朝鮮労働党委員長の側近らと会談した。

 安倍内閣は、弾道ミサイル発射や核実験などの挑発行為を繰り返す北朝鮮に対し、世界各国と連携して経済制裁の強化に踏み切った。「北朝鮮側は、安倍内閣の制裁措置をどう受け止めたのか?」という質問に猪木氏は、本紙「マンデー激論」でおなじみの元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏を引き合いに“圧力よりも交流と対話が必要”と主張した。

「最初は(北朝鮮側の話を)30分間、黙って聞いている。それもある意味大事。ですが『本音の話をしましょう』と言って会談した」

さらに、猪木氏は「『ウオツカでロシア人をぶっ飛ばしたのは、アントニオ猪木だけ』と佐藤優君が書きましたけどね。そういう意味で政治家、あるいは外交は体力が必要」と持論を展開した。

 北朝鮮側は、猪木氏が今回提案した対話に向けた自民党国会議員を含む超党派による訪朝団プランを受け入れた。

「(自民党内の)空気は変わりつつある。今後は判断だ。当然、安倍総理が行かれて(正恩氏と)話をする。これが最高でしょう。同時に我々がバッジをつけた以上は、二重外交という、すぐ批判が出ますが、相手の国を理解した上で『我々の立場で』という部分の外交が必要だと思う」

 経済制裁の中、平壌市民の暮らしぶりは、過去の訪朝と比べて変化があったのかについてもこう語った。

「街並みは行く度に変わる。70階建てのビルも完成し、平壌市民のファッションも変化した。2~3年前はきれいな日傘を差す女性を多く見た。今は(主婦の間で)乳母車(ベビーカー)がはやっていた。動物園に案内された。乳母車に乗っているような場面、そのあたりが政治的な突っ張り合いの話と同時に国民感情がどう変わったのか。多分、根底にはこれからの経済という部分に目を向けた(平壌の)人たちが増えたからだと思う」

“闘魂外交”は今後も続きそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
兵庫ジュニアグランプリ(11月21日、園田競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース下関「SGチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!