• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > “覚醒剤ドッキリ”ユーチューバー逮捕 違法迷惑動画のアップが続く背景

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“覚醒剤ドッキリ”ユーチューバー逮捕 違法迷惑動画のアップが続く背景


 先月30日に動画サイト「ユーチューブ」にアップされた「覚醒剤 いたずらドッキリPrank」と題した動画が物議を醸している。

 動画は、男性ユーチューバーが交番の警察官を勘違いさせるというドッキリ企画。両腕に入れ墨の入ったガタイのいいタンクトップ姿の男性ユーチューバー・デイジー氏(年齢不詳)が、交番で道を尋ねるフリをして、警察官の目の前で“白い粉”を落とし、警察官が気が付くと同時に猛ダッシュで逃走を図るという3分50秒の映像。薬物と見せかけた“白い粉”はグラニュー糖だった。

 この動画が投稿からわずか1週間ですでに120万回以上再生されたが、福井県警は8日に偽計業務妨害の疑いで、デイジーこと自称広告業の西坂大治容疑者(31)と撮影していた無職西坂美那容疑者(28)を逮捕した。

 批判も承知でユーチューバーらがこぞって“スレスレ”動画をアップし続けるのはなぜか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「昔は投稿動画が1回再生されるたびに0・1円の報酬が入ったが今は0・03円にまで値下がり、ユーチューブだけで生計を立てられる、いわゆるユーチューバーはいなくなったといわれている」と語る。

 2017年の調査でもまだ子供たちの憧れの職業の上位にランクイン。HIKAKIN(28)やはじめしゃちょー(24)のようなトップユーチューバーのバーターとしてでも世に出たいと、その多くがユーチューバー専属事務所に所属している。

「ユーチューブ自体では稼げず、タレントとしてデビューするきっかけや、もともと情報商材(ネットを介して売買されるギャンブル必勝法、アフェリエイトの儲け方、異性にモテる方法などの情報で、ほとんどが詐欺まがいとされている)を売っていたような連中がネットビジネスのチャンスをつかむために売り込む場になっているので競争はシ烈です」と井上氏。

 今回の“警察沙汰”動画のような過激なものが数々生まれる背景には、こうした競争激化があるようだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!