• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 即効性睡眠導入剤で事故誘発?“死の准看護師”ねたみの中身

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

即効性睡眠導入剤で事故誘発?“死の准看護師”ねたみの中身


 千葉県印西市の老人ホームの睡眠導入剤混入事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された准看護師波田野愛子容疑者(71)が、職場に同僚女性(69)を車で迎えに来た夫(71)が直後に運転すると知りながら、即効性のある導入剤を混ぜたお茶を飲ませた疑いがあることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、使われた導入剤は体質や量にもよるが、早ければ数十分で効くという。県警は、夫婦が千葉市内の自宅に着くまでに、意識障害などで運転に影響が出る可能性を認識した上で混入したとみて、裏付けを進める。

 県警は、夫婦が飲んだお茶に睡眠導入剤を混ぜ、同県佐倉市で5月15日夕、夫の乗用車と建築業男性(56)の車が正面衝突する交通事故を起こさせ、3人を殺害しようとした疑いで波田野容疑者を11日に再逮捕していた。波田野容疑者は混入を認めている。

 この老人ホームでは4月以降、施設内ではめまいや眠気、足元のふらつきを訴える職員が5人に上ることも判明。波田野容疑者は6月中旬、30代の女性職員に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませて急性薬物中毒にさせた傷害容疑で立件された。「施設内で嫌がらせを受けていた」「一部の同僚をねたんでいた」などと供述している。

 一体、波田野容疑者は何をねたんでいたのか。

「波田野さんも旦那さんの送り迎えで出勤していた。夫婦仲はよさそうに見えたから、他人の夫婦仲をうらやんだということはないのでは。被害に遭った同僚は特に波田野さんと仲がよく『何で狙われたのか全く分からない』と話している」(関係者)

 波田野容疑者は准看護師歴52年の大ベテラン。元警視庁刑事で犯罪ジャーナリストの北芝健氏は「施設内で医療的に優位な立場にいながら、伝達事項が別の職員らに先に回るとかその程度のことで“上司のおぼえめでたい”などと勝手に嫉妬心を募らせたのだろう。最初は注意散漫になって同僚がミスをすれば自分のポイント稼ぎになるとか、ミスを連発しているのを見て快楽を得ていたのだろうが罪に慣れて、人が死んでもやめられなかったのだろう」と指摘する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【防府競輪】九州スポーツ杯争奪戦(25〜27日)
特設サイトで26日(火)の出走表・印、選手のコメント、並び、本紙の見解・狙い目を掲載!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

第2回東スポカップ ポーカー大会
東日本最大規模のポーカー大会「第2回東スポカップ ポーカー大会」決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!


おすすめコンテンツ
ジュニアクラウン(28日=笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!