• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 中国人をカモにする「金地金詐欺」の裏事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人をカモにする「金地金詐欺」の裏事情


 金塊の売買を装い、現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁新宿署は11日までに、詐欺未遂の疑いで、中国籍で住所職業不詳の鐘桂海容疑者(44)ら男2人を現行犯逮捕した。逮捕は10日付。

 2人は6~7月、飲食店を経営する中国籍の女性(47)に「工事現場で金製品を発掘した」などとうそを言い、金色の仏像2個と、金属の塊50個の購入を持ちかけて400万円を詐取しようとした疑い。新宿署によると、2人は女性に「金の塊から削り取った」と言って純金の破片を渡し、鑑定を勧めて信用させようとした。同様の事件は都内で4~6月に少なくとも2件あり、別の中国籍の男2人が逮捕された。同署が関連を調べている。

 鐘容疑者らは女性の携帯電話に連絡してきたが、面識はなかった。新宿署は指南役が他にいるとみている。それにしても、中国人が中国人をだますとは、どうなっているのか。面識もなかったという。

 中国の犯罪に詳しいルポライターの奥窪優木氏は「中国には街中にたくさん“金行”という金地金を買える店があって、それこそ怪しげな金行も含め少しでも条件のいいところを探して売り買いするのが常識です」と言う。なぜ、中国人はそこまで金に飢えているのか。

「対ドルでみると、人民元の価値はここ10年で史上最安値となった。人民元の安値水準が続いている中で、中国人は不安に陥り、リスク分散として金やビットコインの需要が高まっているんです」(同)

 今回の事件は被害女性も中国籍だった。奥窪氏は「日本在住なら、中国人でも外貨は購入できる。正規のルートを利用せず、しかも仏像の形をした怪しい金色の置物の購入を考えたのなら、よほど現金よりも金が欲しかったのでしょう。金塊購入の交渉で犯人側は『発掘した金だから、消費税の8%をまけておくよ』という言葉を使っているかもしれない」と語った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!