• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 実録!3人のラブドールと暮らす62歳男性の甘~い日々

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実録!3人のラブドールと暮らす62歳男性の甘~い日々


3人の“恋人”を公開する中島千滋氏

 どこに行っても人、人、人のGW。いっそどこへも行かずに趣味に没頭する…そんな過ごし方もあり!? 今回紹介するのは、ラブドールを愛してやまない人たちの、奇妙だがうらやましい(?)生活。都内にある中島千滋氏(62)の家には、3人の“恋人”がいる。「恵さん」「沙織さん」、それから知人から預かっている「さおりんさん」だ。中島氏とその恋人たちとの甘~い日々に迫った。

 ある日、近所の公園を散歩している中島氏は、満面の笑みをたたえていた。このとき一緒にいたのは沙織さん。車を公園の駐車場に止めて車いすを取り出すと、沙織さんを車いすに乗せて公園を散歩。長い坂道を下って水辺の近くまで来ると、沙織さんをベンチに座らせた。周りから見れば、ちょっと異様な光景にも映るが、その辺を気にする様子もない。ベンチで彼女との“会話”を楽しむと、再び沙織さんを車いすに乗せて車へと戻った。その途中で、公園を散歩していた初老の男性が“異変”に気づいて近づいて来ると、興味深そうに人形をのぞき込んでいた。そして、中島氏に話しかけると、彼はニコニコしながら会話を楽しんでいた。

「7年前のことになりますが、最初は、秋葉原のエログッズ屋さんでラブドールを見て興味を持ったんです。これ何だ?っていう感じでした。店員に聞いてみると、近くにショールームがあるっていうんで、すぐに行ってみたんです。そのとき一目ボレしてしまって購入したのが『恵』なんです。今日、彼女は家で留守番をしています。あんまりかわいすぎるんで、これ、ヤッていいんか?っていう感じで困っちゃいましたよね。でも、一回ヤッたら、毎日ヤリまくりですよ。気持ちいいんですよね! それからは大変です。今日は帰ってからヤルぞ!っていう感じになりました」

 中島氏は、彼女たちをガンガン外へ連れ出している。キャンプ場やスキー場、海水浴。一緒にラブホテルへ行くこともある。自宅にいるときとは違ったシチュエーションを作って愛し合うこともある。

「今は、単身赴任ですけど、ヤリたくなるじゃないですか。でも、これまで僕は、若い子としかセックスをしたことなかったんで、どうするかなーっていうときに彼女たちと出会ったんです。もう肌なんか最高ですよ。この体じゃなきゃ興奮しなくなりましたね。すでに還暦は超えているので、ヤル回数は減りましたけど、添い寝するだけでも十分に満たされるんですよ。すごいことですよね」

 中島氏には、茨城県で暮らしている1つ年上の妻と2人の子供がいる。東京で一人暮らしをしている中島氏は“彼女たち=ラブドール”に支えられている。考えてみれば、3人もの“彼女”と“暮らす”ことは、そう簡単にできることではない。

「出会ったころよりも今の方が好きなんです。文句も言わないし年も取らない。面倒くさくないのがいいですね。たまに気に入らないことがあると、寝ているときにいつの間にか首を絞められるような気がすることがあるんですけど、それも悪くないですよね(笑い)。死ぬときも、彼女たちにみとられて最期を迎えられたら本望です。僕は、自分がつくった“芸術的な愛”を楽しんでいると思います」

 生涯、ラブドールを彼女に見立てて生きていくという中島氏。還暦を過ぎて、これほど人生を謳歌している人は見たことがない。いつまでも健康でいて、心の底から彼女たちを愛してほしい。人生は、一度しかないのだから。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!