• 文字サイズ

東スポWebトップ > ノンセクション > 社会 > 「自腹リオ視察はマスコミのせい」自民都議が報道陣を恫喝

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自腹リオ視察はマスコミのせい」自民都議が報道陣を恫喝


小池氏(右)はビジネスクラスでリオへ

 小池百合子東京都知事(64)と敵対する自民党東京都議らが、リオデジャネイロ五輪の視察に行っている。舛添要一前都知事(67)の高額の海外出張費と同じく、都議団のリオ視察も高額だと批判の的に。税金での視察は中止にしたが、有志が自腹で行くことにしたようだ。閉会式に出席する小池氏もビジネスクラスで経費を抑えようとしている。都議団も改心したのかと思いきや、「マスコミのせいで自腹になったと逆ギレしてます」(自民党関係者)という。

 リオ五輪が始まって、日本国内も関連イベントで盛り上がっている。小池氏は7日、東京・上野恩賜公園で開かれた「未来への道 1000キロメートル縦断リレー2016」に参加した。このイベントは青森から東京まで東日本大震災の被災地を通りながら、ランニングと自転車でつなぎ、復興をアピールする目的のもの。この日、上野でゴールするところを小池氏が出迎えた。

 小池氏は「都庁へゴールしたばかりの小池百合子です」とあいさつ。「(リオ五輪の)閉会式に赴く予定です。今のうちに腕を鍛えておきたい」と五輪旗の引き継ぎセレモニーに出席することをユーモアを交えて話した。

 都知事になって初の海外出張がリオ五輪の閉会式となるが、政治資金問題で辞任した舛添氏がファーストクラスやスイートルームの使用でも批判されていたこともあり、小池氏はかなり気を使っている。

 18日~24日の日程で随行職員は4人。ビジネスクラスを使い、総経費を1000万円に抑える。ホテル代は国際オリンピック委員会が払うという。

 リオ出張で思い返されるのが都議団のリオ視察だ。自民党、公明党、民進党系など27人で、約1億円の視察団となる予定だったが、舛添バッシングの影響で中止になっていた。ところが、今、自民党都議らがリオに行っているという。

 自民党関係者は「視察団は中止になりましたが、有志が自腹で行くことになりました。リオは宿泊代などが高騰しているようで、1人200万~300万円ほどかかるようです」と明かした。

 身銭を切ってまで行くなんて、随分と殊勝な態度かと思いきやこんな話も。「自民党都議のベテランが記者相手に『お前らが騒ぐからこんなことになったんだぞ。どうしてくれるんだ!』と恫喝したといいます」(前出の自民党関係者)

 中止になったのはマスコミのせいではない。舛添氏の件がなければ、問題視されることなく都議団は税金で視察に行っていただろう。「視察が必要だっていうなら、最初から自腹で行けばいいんですよ」(都政関係者)

 現地で五輪を視察することで学べることもあるだろう。東京五輪・パラリンピックに生かせることもあるかもしれない。もっとも、来年夏の都議選で落選する議員も出てくるとは思うが…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!